@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ウマイヤ朝【ウマイヤちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ウマイヤ朝
ウマイヤちょう
Umayyad; Umayya
初期イスラム国家の名称。預言者ムハンマドの死後,4代のカリフが推されて続いたあと,ウマイヤ家出身のムアーウィヤ1世 (在位 661~680) がカリフのにつき,生前に息子ヤジード (在位 680~683) を次期カリフに指名した。この指名が前例となり,以後代々のカリフが次期カリフを指名し,ウマイヤ家がカリフ位を 14代にわたって独占した。この期間をウマイヤ朝 (661~750) と呼ぶ。アッバース家 (→アッバース朝 ) による革命ののち,ウマイヤ家一族は虐殺されたが,わずかにを逃れたアブドゥル・ラフマーン1世がスペインで政権樹立した。これをアンダルシアのウマイヤ朝 (または後ウマイヤ朝〈756~1031〉) と呼ぶ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ウマイヤ‐ちょう〔‐テウ〕【ウマイヤ朝】
Umayya》イスラム王朝の一。ウマイヤ家出身のムアーウィヤ1世が、ダマスカス首都として建てた最初のイスラム・カリフ王朝(661~750)。14代続いたが、アッバース朝に倒された。のち、イベリア半島に逃れたアブドゥル=ラフマーン1世がコルドバを首都としてウマイヤ朝を再興。これを後(こう)ウマイヤ朝(756~1031)という。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ウマイヤちょう【ウマイヤ朝 Umayya】
ウマイヤ家のムアーウィヤ1世ダマスクスを首都として建設したイスラム王朝(図)。661‐750年。14代のカリフのすべてがウマイヤ家出身者(最初の3代はスフヤーンSufyān家,以後の11代はマルワーン家)であったのでこの名がある。同朝はアラブの征服によって成立し,その政策はイスラム社会の国家的統一の護持とイスラムの政治的領域の拡大を目標とし,結果としてアラブの異民族支配と,彼らの排他的特権が許容されていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ウマイヤ朝
うまいやちょう
Umayya

メッカのクライシュ人、ウマイヤ家出身のムアーウィヤ1世がダマスカスを首都として建設したイスラム王朝(661~750)。14代のカリフのすべてがウマイヤ家(初めの3人はスフヤーン家、あとの11人はマルワーン家)出身であったので、それが王朝名となった。

 第一次内乱(656~661)というイスラム国家の分裂を再統一したムアーウィヤ1世は、同朝の国家目標をイスラム社会の国家的統一とイスラム世界の拡大に定め、その基盤をアラブの民族的連帯に求めた。征服者アラブ諸部族民は、クーファ、バスラ、フスタートなどの軍事都市(ミスル)に軍人(ムカーティラ)として常駐し、拡大戦争に従事しつつ、支配者集団として非アラブ諸民族に君臨していた。一方、被支配者非アラブは、広大な征服地に散在していたが、商工業に従事する者以外はほとんど農民で、村落共同体ごとに一括して租税(ジズヤあるいはハラージュ)を取り立てられ、そのかわり信教の自由は保証されていた。彼らのなかには租税負担を免れようとしてイスラム教に改宗する者(マワーリー)がいたが、租税の免除は認められなかった。このように、同朝の下でアラブ・ムスリムは排他的特権を社会の至る所で享受していた。そのため同朝は「アラブ帝国」ともよばれる。

 また社会の国家的統一が優先されたため、前代の正統カリフ時代とは相対的に異なって、同朝下で政治権力の維持、強化がなされ、それがしばしばイスラムの理念と抵触した。たとえば、カリフ位のウマイヤ家による独占や、ムアーウィヤ1世による実子ヤズィード1世へのカリフ位継承がそれである。このような点から、とくにシーア派がそうであるが、後世のムスリムやムスリム法学者、政治思想家のなかには、同朝は真のイスラム国家から逸脱した世俗、王朝国家(ムルク)とよぶ者が多い。

 680年フサインのカルバラーでの惨死、683年ヤズィード1世の死によって、同朝は存亡の危機に瀕(ひん)した。これを第二次内乱(683~692)という。アブドゥル・マリクは内乱を終結させ、国家の中央集権化、アラブ化に努めた。その結果、次のワリード1世の時代に征服運動も再開され、同朝は黄金時代を迎えた。しかし、以後、前代から続いていた政府とアラブ・ムカーティラの対立、アラブ・ムカーティラ間の部族的党派心による反目、反ウマイヤ朝運動としてのシーア派やハワーリジュ派の散発的蜂起(ほうき)、マワーリーの不満、ウマイヤ家内部の派閥抗争などが相関しあい、同朝の支配体制はしだいに緩んだ。ウマル2世やヒシャームの国家再建策もすでに遅く、同朝は崩壊への道を進んだ。

 747年アッバース家の宣伝員(ダーイー)アブー・ムスリムはホラサーンのメルブで挙兵し、749年サッファーフ(アッバース朝創始者)はクーファでカリフを宣言した。750年マルワーン2世が逃亡先の上エジプトで殺害され、ウマイヤ朝は滅亡した。ヒシャームの孫のアブドゥル・ラフマーン1世は、アッバース朝の追っ手を逃れ、756年コルドバでウマイヤ朝を再興した(後(こう)ウマイヤ朝)。

 ウマイヤ朝の国家体制は本質的に拡大のための軍事体制であり、支配機構も単純で、多分に地方分権的であった。対外戦争が継続された結果、同朝の支配した領域の広さは、単独政権としてはイスラム史上第一で、西はピレネー山脈から、東は中央アジア、西北インドに及んでいた。ビザンティン帝国とは恒常的な戦闘状態にあり、コンスタンティノープルへの再三の遠征も試みられた(677~679、717、718)が、両国間の通商は絶えることなく続いていた。

 この時代はイスラム文化の揺籃(ようらん)期で、法学、伝承学、歴史学などのイスラムの諸学問が生まれた。詩のほかにさしたる文化的伝統のなかったアラブは、征服地の先進文化を積極的に受容し、それをイスラム的に再生した。それを象徴するのが、エルサレムの「岩のドーム」、ダマスカスの「ウマイヤ・モスク」、ムシャッターの城などである。

[花田宇秋]

『嶋田襄平著『イスラム国家と社会』(1977・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ウマイヤ‐ちょう ‥テウ【ウマイヤ朝】
(ウマイヤはUmayya) イスラム王朝の一つ。前ウマイヤ朝(六六一‐七五〇)と後ウマイヤ朝(七五六‐一〇三一)がある。オンマヤ朝。ウマイア朝。
[一] 前ウマイヤ朝。ウマイヤ家出身のムアウィヤがダマスカスを都として開いた。七五〇年一四代のときアッバース家に滅ぼされる。
[二] 後ウマイヤ朝。ウマイヤ朝の滅亡後、その一族アブドゥル=ラフマーン一世が七五六年コルドバを首都として再興し、イベリア半島に威をふるった。一〇三一年滅亡。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ウマイヤ朝
ウマイヤちょう
Umayya
ムアーウィアが開いたイスラーム王朝(661〜750)
クライシュ部族の名門ウマイヤ家のムアーウィアが第4代正統カリフのアリーの死後カリフ権を奪って樹立。シリアのダマスクスを首都とし,14代90年間続いた。カリフの選挙制を廃して世襲制とし,東西に征服事業を進め,中央アジアからスペイン,一時は中部フランスまで進出した。7世紀末アブド=アルマリクのとき,諸制度が整備され,最盛期を迎えた。アラビア人至上主義が強化され,非アラブのイスラーム教徒は差別待遇を受け,アラビア語が公用語となった。そのためウマイヤ朝は,別名アラブ帝国とも呼ばれる。被征服民の反抗運動が激化し,750年アッバース家に滅ぼされた。スペインに逃れた一族により再興された後 (こう) ウマイヤ朝は,10世紀に最も栄えたが,内乱により1031年滅亡した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウマイヤ朝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウマイヤ朝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation