@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ウマバエ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ウマバエ
Gasterophilus intestinalis; horse botfly
ウマバエ科。体長 15mm内外。一見ハナアブに似たハエで,体は赤褐色,全体が赤褐色の軟毛におおわれる。翅の中央部に1大斑が,先端部近くに2小斑がある。複眼はやや小さく,頭頂で広く離れている。口器は退化していて,成虫の寿命は短い。触角は小さく,第3節は円形で,その基部に糸状の端刺がつく。はウマの周囲を羽音を立てて飛び,前肢前面の毛に産卵する。孵化した幼虫は,ウマがその部分をなめることによってウマの口に入り,口腔粘膜を経てに運ばれ,胃壁に寄生する。老熟後糞とともに排泄され,土中蛹化する。世界共通種で,日本全土に産するがその数は多くはない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ウマバエ【horse‐bot fly】
双翅目ウマバエ科の昆虫。成虫は,体長12~17mm,褐色で長毛に覆われる。産卵管はひじょうに発達翅脈の第4脈は直線状で第3脈に近づかない。鱗弁は小さく,口器は退化し,痕跡的。卵は,ふつうウマの前脚の前側の毛に産みつけられるが,ときには他の部分にも産卵する。雌は,滞空しながら産卵する。1匹の雌の産卵数は数百個にも及ぶ。卵は,約1週間後ウマが脚をなめたときの刺激と水分により孵化(ふか)する。孵化した幼虫は,口腔(こうこう)内に入り,舌の内側の粘膜に穿入(せんにゆう)し,3~4週間後に胃に到達する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ウマバエ
うまばえ / 馬蠅
[学]Gasterophilus intestinalis
昆虫綱双翅(そうし)目環縫亜目ウマバエ科に属する昆虫。ハエ類中では大形種で、体長12~17ミリメートル。体は黄褐色で、体表は黄色の軟毛で覆われ、一見ハチやハナアブに似ている。口器は退化し、鱗弁(りんべん)も小さい。翅脈の第3縦脈は直線的である。成虫は1年に1回発生し、食物をとることなく、ウマの足や腹部の毛に産卵する。幼虫は、ウマになめられた刺激で卵殻からはい出て、ウマの口中に入る。1齢幼虫は口腔(こうこう)内に一時とどまったのち、3~4週間後に胃に達して、胃壁や十二指腸壁に口鉤(くちかぎ)で付着し、栄養を吸収して成熟する。成熟幼虫は体表に多くの棘(とげ)をもち、糞(ふん)とともに排出され、土中に潜って蛹化(ようか)する。3~10週間後に新成虫が羽化する。世界中のウマの産地に分布するが、日本ではまれな種である。ウマバエ科のハエの多くは、宿主となる草食動物が多産するアジア大陸、アフリカ大陸に分布するので、これらの地域から日本の動物園に輸入された動物に、外国産の種類がしばしばみつかる。[倉橋 弘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウマバエ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウマバエの関連情報

関連キーワード

タイワンスギ(台湾杉)アオクサカメムシアマナアメンボイカリモンハンミョウイトウハバチウシバエエリンギウムオカトラノオカクレガニ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation