@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ウメ(梅)【ウメ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ウメ(梅)
ウメ
Prunus mume; Japanese plum tree
バラ科の落葉小高木で,中国江南地方の原産。日本では古くから各地で栽培され,九州には野生状態の原種があるともいわれる。木の高さは 6mに達し,よく分枝し,樹皮は硬い。早春,葉に先立ってほとんど無柄の花を開く。花は白または淡紅色で直径1~3cm,芳香がある。萼片,花弁ともに5枚で,中に多数のおしべと1本のめしべがある。核果はほぼ球形で一方に浅い溝があり,梅雨の頃に黄色に熟する。果実の表面にはちぢれた毛を密生し,果肉は酸味が強く,中に1個の核を含む。果実で梅干,梅酢,梅酒などを造り,また加工して甘露梅や梅ようかんなどの菓子をつくる。未熟青梅にはアミグダリンが含まれ,食べるとこれが分解されて青酸を生じ,中毒するといわれる。材は緻密で堅く,床柱,箱類,彫刻その他の細工物に使われる。樹皮と材はともに梅皮 (うめかわ) といい,染料に用いられる。加賀の梅染や沖縄の梅染は古くから有名である。ウメの花の観賞は万葉の昔から盛んで,水戸の偕楽園,京都の北野天満宮,福岡県の太宰府天満宮などは有名である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ウメ【ウメ(梅) Japanese apricot】
中国原産の落葉小高木で,バラ科サクラ属のウメ亜属に分類される(イラスト)。ムメともいう。中国文化とともに薬木として渡来したもので,奈良時代以前にはすでに植栽され,《万葉集》には多く詠まれていたし,紫宸殿(ししんでん)の前庭に植えられていたが,947年(天暦1)のころにはサクラと替わった。また《万葉集》にウメが詠まれた歌が,鎌倉時代の《新古今和歌集》では,本歌取りでサクラに替えた例があり,ウメからサクラへと日本人の好みの変化が起こったらしい。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ウメ(梅)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウメ(梅)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation