@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ウラジロ(裏白)【ウラジロ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ウラジロ(裏白)
ウラジロ
Gleichenia japonica
ウラジロ科の常緑性シダ植物。東北地方南部から東南アジアにかけて広く分布する。暖地日当りのよい乾いた斜面などに群落をつくる。根茎は長く,まばらに分枝し,葉をつける。葉柄は太くて硬い。葉身は葉柄の上端で左右1対の羽片に分れる。分岐点には鱗片におおわれた芽があり,毎年発達して1対ずつ羽片をつくる。暖地でよく発達した葉は4~5枚の羽片から成り,高さ 2m以上に及ぶ。羽片は披針形で,長さ 50~100cm,幅 20~30cm,上面はつやのある緑色で,裏面白色。羽片はさらに2回羽状に深く裂ける。葉を新年の飾りに使い,また葉柄はなどの細工に用いる。和名ウラジロは葉の裏面が白いことによる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ウラジロ【ウラジロ(裏白) Gleichenia japonica Spr.】
日当りのよい,山地の乾燥した斜面に群落をつくることの多いシダ植物(イラスト)。ウラジロ科の常緑性草本。根茎は地中をはい,鱗片をつける。暖地のものでは,葉は数対の羽片を出し,2mを超すこともあるが,本州中部では,羽片がせいぜい2~3対の個体からなる群落も多い。羽片の形は長楕円状披針形,2回羽状に深裂する。葉の裏面には脱落性の星状毛があり,蠟がたまって白くなるのでウラジロ(裏白)の名がついた。胞子囊群には2~4個の大きな胞子囊があり,包膜はないが側糸がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ウラジロ(裏白)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウラジロ(裏白)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation