@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ウラノス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ウラノス
Ouranos
ギリシア神話の神。名は天を味し,天空をそのまま神格化した存在。大地ガイアから生れ,母と結婚してティタンと呼ばれる神々や一眼の巨人キュクロプスたち,および百手巨人ヘカトンケイルらの子をもうけ,世界の最初の支配者として君臨したが,怪物の子供たちを憎んで,生れるとすぐまたガイアの胎内に戻したため,この仕打ちを怒ったガイアは,鋼鉄のをつくって,これをティタンたちの末弟のクロノスに与え,ウラノスがガイアを抱擁しに来たとき父を去勢させた。このときクロノスが海中に投捨てたウラノスの性器から湧出た泡からアフロディテが誕生したとされる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ウラノス(Ūranos)
《「ウラヌス」とも》
《天の意》ギリシャ神話で、世界の最初の支配者。女神ガイアの夫。神々ので、ゼウス祖父
天王星のこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ウラノス【Ouranos】
ギリシア神話の天空神。世界の最初の支配者。ヘシオドスの《神統記》によれば,大地女神ガイアの子として生まれた彼は,ガイアとの間に12柱のティタン神その他の子をもうけたが,それらの子すべてを大地の奥底タルタロスに押し込めたため,ガイアから父神の非道に報復するよう説得された最年少のティタン神クロノスによって,大鎌で陽物を切り落とされ,天地の支配者の地位を追われたという。【水谷 智洋】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ウラノス
うらのす
Ūranos

「天空」を意味するギリシア神話最古の男神。大地の女神ガイアから生まれ、そのガイアを妻として3人のヘカトンケイル(100本の手)、3人のキクロペス(雷、稲妻)のほか、オケアノス、テテュス、コイオス、フォイベ、ヒペリオン、テイア、クレイオス、レア、イアペトス、それにクロノスの巨神(ティタン)たちを得た。しかし、彼が生まれ出た子を片端から地下の冥界(めいかい)タルタロスへ押し込めたので、ガイアは復讐(ふくしゅう)を決意して、地底の子供たちに諮(はか)った。すると末のクロノスだけが同調した。彼はガイアから渡された金剛の斧(おの)で、眠りこけていた父ウラノスの男根を切り落とし、それを海に投げ捨てた。これにより、クロノスはウラノスにかわる神々の支配者となったが、のちにわが子ゼウスと争い、これに破れてふたたびタルタロスに落とされた。なお、切断されて海に投げられたウラノスの男根から生まれたのが、愛の女神アフロディテと伝えられている。

[小川正広]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ウラノス
(Ūranos)
[一] ギリシア神話で、天の神。女神ガイアの夫。神々の祖で、ゼウスの祖父。
[二] 天王星。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウラノス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウラノスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation