@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ウラベニイグチ(裏紅猪口)【ウラベニイグチ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ウラベニイグチ(裏紅猪口)
ウラベニイグチ
Boletus satans
担子菌類マツタケ目アミタケ科。は径5~9cm,表面はこげ茶色またはオリーブ色がかった褐色でなめらか,下面はレモン色,長さ5~13cmの柄をもっている。傷つけるとすぐに緑色または青色変り,不規則な形の管孔をもつ。柄の太さは5~9cm,下端紡錘形の根状,黄色であるが下部赤褐色となり紫色の紋点がみられ,のちに黒色になる。夏秋の頃,広葉樹林地面に点々として生える。食用になるという。日本では九州に知られ,ヨーロッパにも分布する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウラベニイグチ(裏紅猪口)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウラベニイグチ(裏紅猪口)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation