@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ウラン‐鉛法【うらんなまりほう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ウラン‐鉛法
うらんなまりほう

放射性元素の放射壊変を利用した絶対年代測定法の一つ。一般に放射性元素の親元素は、一定の割合で崩壊し娘(じょう)元素を生じる。したがって、親元素と娘元素の量比を測定することによって、その年代を知ることができる。ウラン‐鉛法の場合、ウラン(U)238から鉛(Pb)206の変化を利用する方法と、ウラン235から鉛207の変化を利用する方法とがある。前者の場合の半減期(最初にあった原子核数がちょうど半分に減るのに要する時間)は約45億年であり、後者の場合は約7億年であるから、古い地質時代の測定に適している。

[岩松 暉・村田明広]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウラン‐鉛法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウラン‐鉛法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation