@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ウラン・ラジウム系列【ウランラジウムけいれつ】

世界大百科事典 第2版

うらんらじうむけいれつ【ウラン・ラジウム系列】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ウラン・ラジウム系列
うらんらじうむけいれつ
uranium-radium series
ウラン238から始まる放射性核種の崩壊系列をいう。ウラン系列ということもある。この系列の核種の質量数は、すべて4n+2(nは正の整数)となるので4n+2系列ともいわれる。
 太陽系は約60億年前に凝集し始めたと考えられている。地球の年齢は約45億年とされているが、当時地球にあったウランは酸化物となって地殻に含まれるようになったと考えられている。ウラン238の半減期も地球の年齢と同程度であるから、当時のウラン238の半分は放射崩壊してほかの核種に変化したわけである。ウランの天然同位体の一つであるウラン234は、ウラン238の崩壊の途中で生じたもので、ウラン238は質量数4n+2の値をもつ他の元素の同位体を経て、最終的には鉛の安定同位体である鉛206になる。途中で生じた同位体には、その元素名とは別の元素名をつけた名称が与えられることもあったが、それは歴史的なもので、正式名称ではない。
 天然放射性核種の崩壊系列には、このほかにアクチニウム系列とトリウム系列があり、人工的につくられた放射性核種の崩壊系列としてはネプツニウム系列がある。[岩本振武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ウラン・ラジウム系列
ウランラジウムケイレツ
uranium-radium series

[同義異語]ウラン系列

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウラン・ラジウム系列」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウラン・ラジウム系列の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation