@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ウリジン三リン酸【ウリジンさんリンさん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ウリジン三リン酸
ウリジンさんリンさん
uridine triphosphate
UTPと略記する。プリンヌクレオチドの一種で,(ウラシル) - (リボース) - (リン酸) - (リン酸) - (リン酸) の構造をもつ。リン酸同士の2ヵ所の結合は,高エネルギーリン酸結合である。糖類の代謝と関係が深くて,グルコース-1-リン酸と UTPから UDP-グルコースが生成されて,多糖類や配糖体合成の重要な代謝中間物質となるほか,ガラクトース,グルクロン酸,アセチルグルコサミンなどと UDPとの結合物も,同時に糖の代謝中間物質として重要である。また UTPは,他のヌクレオチド三リン酸とともに,リボ核酸合成の素材物質である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウリジン三リン酸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウリジン三リン酸の関連情報

関連キーワード

ツイストペアケーブル10BASE-T100BASE-TXウリジン5′-三リン酸非シールドツイストペアケーブルブロードバンド方式100BASE-T4100BASE-FXSTPケーブルカテゴリー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation