@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ウリヤンハイ

世界大百科事典 第2版

ウリヤンハイ【Uriankhai】
モンゴル高原とその周辺に居住してきた北方民族。Uriyangkhaiとも書き,兀良哈漢音訳される。12~13世紀ころにヘンテイ山脈方面からバイカル湖周辺にかけて居住した。狩猟民の森のウリヤンハイと遊牧民のウリヤンハイがおり,その多くは早くからチンギスハーンに服属していた。後者の一部のものはブルハン山(ヘンテイ山脈中の一山)に葬られたとされるチンギス・ハーンとその子孫を守ったと伝えられている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ウリヤンハイ
うりやんはい
Uriyanghai

中国、元代に外モンゴルのオノン河源にいたが、明(みん)代に興安嶺(こうあんれい/シンアンリン)東方に移住したモンゴル系の民族。兀良哈とも書く。明の洪武帝(こうぶてい)はこの民族のために1389年、泰寧(たいねい)、福余(ふよ)、朶顔(ドヤン)の3衛からなるウリヤンハイ三衛を置き、元の帝室の一族の遼(りょう)王阿札失里(アジャシリ)らに治めさせた。以後ウリヤンハイ三衛は明の北方防衛の拠点としてのほかに、軍馬供給地としても重視されたが、モンゴル本土からの影響が強く、明に対して叛服(はんぷく)を繰り返す状態を続けた。15世紀中ごろにオイラートのエセンに攻められて壊滅的打撃を受けた。明末清(しん)初にウリヤンハイ三衛は内モンゴル族の圧迫を受けて衰退し、そのなかに併合されて消滅した。なお、エニセイ川上流域の唐努(タンヌ)および烏梁海(ウリヤンハイ)と称する諸民族(現在のロシア連邦トゥイバ共和国の住民)も、もともとウリヤンハイと同族であるといわれる。

[若松 寛]

『羽田明・佐藤長他訳注『騎馬民族史3』(平凡社・東洋文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ウリヤンハイ
(Urjanhaj) 中国、元・明・清代、興安嶺の東に栄えたモンゴル系の一部族。しばしば明の北辺に侵入したが、一六世紀半ばジュンガル、清に征服された。兀良哈。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウリヤンハイ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウリヤンハイの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation