@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ウリヤンハン三衛【ウリヤンハンさんえい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ウリヤンハン三衛
ウリヤンハンさんえい
Uriyangkhai
中国,明代に内モンゴルの大興安嶺東に遊牧した部族。ウリヤンハン (朶顔衛) ,オンリウト (泰寧衛) ,オジエト (福余衛) の総称。 1388年,明軍がブイル・ノールの戦いに北元のトクズ・テムル (脱古思帖木児)を撃破すると,明にくだったモンゴル人は翌年この三衛に轄された。のちオジエトはオルチン部族に,オンリウトは内ハルハ部族にそれぞれ乗取られて滅びたが,ウリヤンハンだけは長く明の同盟者として残った。清代の内モンゴルのジョソトゥ盟のハラチン二旗およびトゥメット左翼旗はウリヤンハンの後裔である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウリヤンハン三衛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウリヤンハン三衛の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation