@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ウルツ(ビュルツ)【ウルツビュルツ】

化学辞典 第2版

ウルツ(ビュルツ)
ウルツビュルツ
Wurtz, Charles Adolphe

フランスの化学者.ルター派牧師の息子として,ストラスブールの近郊の村に生まれる.1843年ストラスブール大学医学部で医学博士号を取得後,ドイツのギーセン大学のJ. Liebig(リービッヒ)のもとで研究した.1844年パリに出て,医学校のJ.B.A. Dumas(デュマ)の研究室の実験助手になる.Dumasの後を継いで,1849年医学校の講師,1853年同教授,1866年同校長を歴任.1874年かれのために創設されたソルボンヌの有機化学講座に移り,教授として教育に専念.独仏英語を自由に話したかれの研究室には,ヨーロッパ中から優秀な研究者が集まった.A. Laurent(ローラン)とC.F. Gerhardt(ゲルアルト)の原子量と化学式の改革を当初から支持し,また第一級アミン(1849年)や二価アルコール(1856年)をはじめて合成し,有機化合物を少数の無機化合物からの誘導だとする型の理論を補強し,原子価概念の成立に貢献した.著書“原子説”La théorie atomique(1879年)は各国語に翻訳されて普及した.1854年ヨウ化アルキルと金属ナトリウムから,エチル・ブチル(ヘキサン)やブチル・アミル(ノナン)を得ることに成功した.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウルツ(ビュルツ)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウルツ(ビュルツ)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation