@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ウルトラマン

デジタル大辞泉

ウルトラマン
昭和41年(1966)から放送された特撮テレビ番組、およびその作品に登場するヒーロー銀河系の外からやってきた巨大な宇宙人が、さまざまな怪獣から地球を守る。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

ウルトラマン
身長40メートル、体重3万5千トン。M78星雲・光の国からやってきた宇宙人で年齢2万歳。地球上では活動源の太陽エネルギーが急激に消耗するため3分間しかもたない。エネルギーが少なくなると、胸のカラータイマーが点滅。 TBS系で1966年7月~67年4月に39回放送された。後継は「ウルトラセブン」で、その後、シリーズ化した。 <(C)円谷プロ>
(2016-01-21 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

ウルトラマン
テレビ番組「ウルトラマン」の主人公
M78星雲,光の国の戦士。科学特捜隊ハヤタ隊員のパトロール機と衝突し,重傷をおわせたため自分の命をハヤタにあずける。ハヤタはベータ-カプセルをつかうことによって3分間だけウルトラマンに変身し,宇宙怪獣とたたかう。昭和41年放映後シリーズ化された。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

デジタル大辞泉プラス

ウルトラマン
日本の特撮テレビ番組。円谷プロダクションによる「ウルトラシリーズ」作品のひとつ。1966~67年にかけて放映。全39話。出演は、黒部進、二瓶正也ほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウルトラマン
日本の特撮テレビ番組『帰ってきたウルトラマン』(1971~72)に登場する巨大変身ヒーロー、ウルトラマンジャックの劇中での名称。後に初代ウルトラマンと区別するため改称された。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウルトラマン
日本の特撮テレビ番組『ウルトラマン』(1966~67)に登場する巨大変身ヒーロー。M78星雲・光の国の宇宙警備隊員。科学特捜隊の隊員、ハヤタが懐中電灯様の変身アイテム、ベーターカプセルを用いて変身し、宇宙怪獣と戦う。主な必殺技は、スペシウム光線。赤と銀色の組み合わせによる宇宙人的なデザイン、地球上では約3分間しか戦えないなどの基本的な設定は、以降のウルトラシリーズのヒーローにも多く引き継がれ、これらの巨大変身ヒーローを総称して「ウルトラマン」と呼ぶことも多い。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ウルトラマン
Ultraman
1966年(昭和41)から放映された特撮テレビ番組「ウルトラマン」の主人公。宇宙から来て、地球を守るためにさまざまな怪獣たちとたたかう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウルトラマン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウルトラマンの関連情報

関連キーワード

新藤兼人丹下健三野村芳太郎加藤泰森一生宇宙開発史(年表)ビートルズキリスト教民主同盟ボータ増村保造

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation