@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ウルビノ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ウルビノ
Urbino
イタリア中部,マルケ州ペザロエウルビノ県の山中にある町。アンコナ西北西約 70kmに位置する。 12世紀にモンテフェルトロ家領となり,特に 15世紀のフェデリーコの時代には,イタリア・ルネサンスの中心の一つであるウルビノ公国の首都として全盛を誇った。宮殿 (国立美術館) には,ウルビノで生まれたラファエロや,ティツィアーノの作品などがある。 1506年に大学設立。 1626年に教皇領。 1860年にイタリア王国に編入された。ローマ時代に築かれ,19世紀に再建された旧市街は,1998年世界遺産の文化遺産に登録。現在の住居地域は囲壁の外に延び,古代の町とは明らかに違っている。主要道路から離れており,観光と大学の町として知られる。人口1万 5125 (1991推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ウルビノ【Urbino】
イタリア中部,マルケ州の都市。人口1万5410(1990)。標高485mの丘の上にある,城壁に囲まれた古い町。農業のほかに,煉瓦刃物,錬鉄細工,家具,マジョリカ(マヨリカ)陶器の製造など,伝統的な手工業が発達している。また,ルネサンス期のたたずまいを残す家並み,威容を誇る宮殿パラッツォ・ドゥカーレ(マルケ国立美術館が置かれる),画家ラファエロの生家などがあり,ウルビノ大学は1506年に創立された長い伝統を誇っている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ウルビノ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウルビノの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation