@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ウンガレッティ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ウンガレッティ
Ungaretti, Giuseppe
[生]1888.2.10. アレクサンドリア
[没]1970.6.10. ミラノ
イタリアの詩人。エジプトで生れ,1912年フランスにおもむきパリ大学に学び,アポリネール,バレリーらと交遊。 15年から対オーストリア戦に参加。戦争は彼の内部で発酵していた主題に出口を与え,生の荒廃と悲劇性,慰めと幻想の必要を,短く凝縮した詩篇に歌い,修辞的なイタリア詩の伝統を大きく変えた。戦後,『ボーチェ』誌の同人となり,一種の象徴詩ともいうべきエルメティズモの詩風を確立した。代表作に『埋もれた港』 Il porto sepolto (1916) ,『時間の感覚』 Sentimento del tempo (33) ,『約束の地』 La terra promessa (50) ,『老人の手帳』 Il Taccuino del vecchio (60) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ウンガレッティ(Giuseppe Ungaretti)
[1888~1970]イタリア詩人エジプトの生まれ。純粋詩から出発。第一次大戦後に、エルメティズモの代表的詩人となる。作「埋もれた港」「喜び」「時の感覚」「約束の地」、全詩集「ある男の生涯」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ウンガレッティ【Giuseppe Ungaretti】
1888‐1970
イタリアの詩人。父親がスエズ運河の工事にたずさわっていたため,エジプトのアレクサンドリアで生まれた。砂漠とナイル川,そこに交錯する光と影の世界のなかで,幼いときから身につけた無限の感覚が,詩の基調となった。24歳のときに海を渡って,両親の故郷トスカナ地方を経てパリに赴いた。ソルボンヌ大学ではベルグソンに師事し,詩人のアポリネール,ブルトンツァラなど,画家ではモディリアニユトリロ,キリコらと親交を結んだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ウンガレッティ【Giuseppe Ungaretti】
1888~1970 イタリアの詩人。短詩型による純粋詩を経て、ペトラルカ・レオパルディらの伝統的韻律の現代的蘇生をめざした。詩集「埋もれた港」「時の感覚」「約束の地」など。 → エルメティズモ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ウンガレッティ
うんがれってぃ
Giuseppe Ungaretti
(1888―1970)
イタリアの詩人。エジプトのアレクサンドリアで生まれる。父親はスエズ運河の工事に携わっていたが、彼が2歳のときに事故死した。以来、食料品店を経営する母親と黒人の乳母に育てられた。黒い乳と、砂漠と、ナイル川と、地中海。そこに交錯する光と影と無限の感覚とが、彼をコスモポリタンの詩人に成長させた。高校まではスイス系のフランス語教育を受けたが、24歳のとき初めて海を渡り、両親の出身地であるイタリアのトスカナ地方を訪れ、故国の文化に強く打たれた。ついでパリに赴き、ソルボンヌで学んだ。同じくエジプトに生まれてパリに学んだ、幼いころからの親友モハメッド・シェアブの自殺は、青年時代のウンガレッティの詩に濃い影を落としている。第一次世界大戦には、イタリアの一兵卒として、対オーストリア戦線に参加、砲弾の飛び交う塹壕(ざんごう)の中で手帳に書き留めた短詩が、いっさいの虚飾をふるい落とした純粋詩となって、処女詩集『埋もれた港』(1916)に結実した。大戦前後に親しく交わったアポリネール、ブルトン、スーポー、ツァラなどの詩人たち、あるいはモディリアニ、ユトリロ、デ・キリコなどの画家たち、あるいはまた終生の盟友ポーランたちとの芸術的交流は、ウンガレッティとともにイタリアの詩壇に移されて、旧来の修辞法に縛られていたイタリア現代詩を革新した。1936年にはブラジルのサンパウロ大学にイタリア文学教授として招かれ、42年にはローマ大学の近現代文学教授となった。59年、フランスの画家フォートリエと文芸評論家ポーランを伴って来日し、講演などを行った。「ある男の生涯」という副題を冠せられた詩集『喜悦』(1919)、『時間の感覚』(1933)、『約束の地』(1950)、『叫び声と風景』(1959)などは、イタリア現代詩の主流エルメティズモ(錬金術主義)の里程標となった。散文集に『砂漠以後』(1961)やフランス語による『無垢(むく)と追憶』(1969)などがある。[河島英昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウンガレッティ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウンガレッティの関連情報

関連キーワード

チェーホフウィルヘルムウィルヘルムプルジェワリスキー内閣総理大臣ウィルヘルム[1世]セリュジエ原田豊吉フランクベルナール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation