@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ウ・タント

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ウ・タント
U Thant
[生]1909.1.22. ビルマ,パンタナウ
[没]1974.11.25. ニューヨーク
ビルマ (現ミャンマー) の教育者,政治家。ラングーン大学に入学したが,父の死で故郷に帰り,教師となった。第2次世界大戦中には教育関係の公職を歴任,戦後,ウー・ヌアウン・サンにすすめられて政府機関に入り,1947年広報課に属した。 57年8月ビルマの国連大使。 61年 11月国連暫定事務総長,62年 11月第3代国連事務総長に任命された。西イリアン問題キューバ・ミサイル危機カシミール紛争ベトナム戦争中東戦争などの解決に尽力。ベトナム問題でアメリカの北爆停止を主とした調停案を提出した。インド政府から 65年度ネルー賞受賞。 71年 12月末,事務総長を辞任

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ウ・タント
うたんと
U Thant
(1909―1974)

ビルマ(現ミャンマー)の政治家、第3代国連事務総長。第二次世界大戦前は故郷パンタナウの高校教師。戦後、ラングーン大学(現ヤンゴン大学)在学中に知己を得たウー・ヌの要請で、反ファシスト人民自由連盟の活動に参加。1948年のビルマ独立後、情報省次官、総理府官房長などを歴任。ウー・ヌ首相の訪問外交に側近として随行、1957年優れた外交感覚を買われて国連常駐代表となった。1959年国連総会副議長を経て、1961年ハマーショルド事務総長の事故死に伴い暫定事務総長に選ばれた。出身国ビルマの非同盟路線を体現しつつ、西イリアン、コンゴ、キプロス、キューバなど、相次ぐ冷戦的危機の平和的解決に手腕を発揮、1962年初の第三世界出身の国連事務総長となった。1966年再選。1971年の中国国連代表権問題の解決に至る任期切れまで、ベトナム停戦など東西緊張緩和、「国連開発の10年」など南北格差是正に献身した。1974年11月25日アメリカで死去。

[黒柳米司]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

ウ・タント
生年月日:1909年1月22日
ビルマの政治家,第3代国際連合事務総長
1974年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウ・タント」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウ・タントの関連情報

関連キーワード

牧野省三[各個指定]工芸技術部門シェーンベルク伊藤博文グリフィススバル安井息軒(やすいそくけん)マッキム・ミード&ホワイトレオポルド2世ピーター・ドラッカー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation