@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ウーファ【うーふぁ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ウーファ
うーふぁ
UfaUniversum-Film Aktiengesellschaft
第二次世界大戦前に世界に名を馳(は)せたドイツの大映画会社。ウーファは「ウニベルズム映画株式会社」の略称。1917年12月、政府や財界から資金援助を受けてベルリンのバーベルスベルクに広大な撮影所を建てた。製作、配給、興行の三業務を行い、始めは国民の教育や国の宣伝を活動目的としたが、第一次世界大戦後は民間企業となり、商業映画の製作で国際的に知られるようになった。『パッション』(1919)や『デセプション』(1920)などの歴史劇や、『最後の人』(1924)、『ファウスト』(1925)、『ニーベルンゲン』二部作(1924)、『メトロポリス』(1926)、『ヴァリエテ 曲芸団』(1925)など、数多くの無声映画史上の名作を生み出し、ドイツ映画の黄金時代を築いた。しかし、1920年代中ごろから製作費の高騰やハリウッド映画の進出などにより経営が悪化し、栄光に翳(かげ)りがみえ始める。1930年代に入ると、『嘆きの天使』(1930)、『会議は踊る』(1931)など、トーキー初期の佳作を放ったものの、ナチ政権の誕生で低落傾向に拍車がかかり、1937年、政府に買収されて事実上国有となった。1945年、第二次世界大戦が終結すると活動を停止し、広大な撮影所は、当時のドイツ民主共和国の国立映画企業「デーファ」に引き渡された。以降、さまざまな変遷を経ながら、ウーファという名は引き継がれて残っていくが、巨大映画企業としては、このとき歴史の表舞台から消え去ったのである。[奥村 賢]
『クラウス・クライマイアー著、平田達治・宮元春美・山本佳樹・原克・飯田道子・須藤直子・中川慎二訳『ウーファ物語 ある映画コンツェルンの歴史』(2005・鳥影社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウーファ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ウーファの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation