@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エイズ予防法【エイズよぼうほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エイズ予防法
エイズよぼうほう
正式には「後天性免疫不全症候群の予防に関する法律」という。 1989年2月 27日に施行された。医師によってエイズウイルス感染が確認された人から,他の人に感染するのを防ぐことに主眼を置いた法律。具体的には,(1) 感染者を発見した医師は都道府県知事に対し,感染者の性別・年齢・感染経路等を届け出る義務を負う,(2) 感染者中,著しく他人に感染させるおそれのある人については,医師がその氏名・居住地等を知事に届け出る,等を定めていた (なお,血液製剤から感染した血友病患者は医師の報告義務から除外された) 。この法律に対しては,「報告」によるプライバシーの侵害や社会的差別の危険を指摘する声があり,また報告されることを恐れて感染者が検査や診察を受けに来なくなり,かえって感染の実態がつかみにくくなるという批判もあり,より現状に促した法律制定が求められていた。そうしたことを受け,98年 10月には感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律が成立し,同法はそれに引継がれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エイズ予防法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エイズ予防法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation