@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エウル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エウル
EUR
イタリア中西部,ラツィオ州ローマ県の計画都市。ローマの南約 15kmに新しくつくられた官庁,住宅街で,同国新都市のモデル。 EURは Esposizione Universale di Roma (ローマ万国博覧会) の。第2次世界大戦前,万国博覧会場として建設が始められたが,戦争によって中断戦後再び田園都市として開発が進められた。人造湖を中心として,緑のなかに白大理石大蔵郵政,外務各省などの政府機関が並ぶほか,イタリア文化館,聖ピエトロエパウロ聖堂,さらには古代ローマ建築を模した近代的建築が随所にある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

エウル
えうる
EUR
ローマ万国博覧会 Esposizione Universale di Roma の頭文字をとったもので、ローマの南に位置する近代的市街地域。1942年に予定されていた万国博のために、37年ムッソリーニが計画し、建築家M・ピアチエンテーニが設計した。敗戦によるファシズム政権の崩壊で事業は中断したが、聖年にあたる50年に工事が再開され、60年のオリンピック・ローマ大会の際、エウルでもっとも代表的な建物の一つであるスポーツ宮殿が完成した。[藤澤房俊]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エウル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エウルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation