@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エウロペ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エウロペ
Eurōpē
ギリシア神話の女性。フェニキアの王アゲノルの王女であったが,雄牛に変身したゼウスによってさらわれ,その背に乗ったまま海を渡ってクレタ島に連れていかれ,そこでゼウスと交合し,ミノスサルペドンラダマンチュスの3人を生んだあとで,当時クレタの王であったアステリオスのになったという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

エウロペ(Eurōpē)
ギリシャ神話で、ゼウスに愛されたフェニキアのテュロス王の娘。白牛に姿を変えたゼウスによってクレタ島へ運ばれ、ミノスらの母となった。「ヨーロッパ」の語源

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

エウロペ【Eurōpē】
ギリシア神話で,フェニキア王アゲノルの娘。カドモスの姉妹。浜辺で侍女たちとたわむれていたとき,白い雄牛となって近づいたゼウスにだまされ,その背に乗ったまま,海を渡ってクレタ島へ運ばれた。彼女はこの島でゼウスと交わって,ミノス(のちのクレタ王),ラダマンテュス(死後冥府の裁判官となった),サルペドン(のちのリュキア王)の3子を生んだ。その後,クレタ王アステリオスの妃となり,死後は女神としてあがめられた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

エウロペ
えうろぺ
Eurōpē

ギリシア神話の女性。テロスのアゲアノル王とテレパサの娘で、カドモスとキリクスの姉妹がいる。大神ゼウスは、姉妹のなかでもひときわ美しいエウロペに心を動かし、白い牡牛(おうし)となって近づいた。初めは恐れていたエウロペが戯れにその牡牛の背にまたがると、突然牡牛は疾走して海を渡り、クレタ島に上陸した。2人はゴルティンの泉のほとりで交わり、やがてエウロペはミノス、ラダマンティス、サルペドンを生んだ。ゼウスは彼女に、青銅人間タロス、猟犬、投槍(なげやり)を与えた。そして、のちに彼女はクレタ島のアステリオン王の妻となり、3人の子を養子とした。彼女は死後神格化され、牡牛は星座のおうし座となった。また、エウロペが牛に乗ってやってきたという地域が、その名にちなんでヨーロッパになったと伝えられる。

[小川正広]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

エウロペ
(Eurōpē) ギリシア神話で、フェニキアのテュロス王の娘。白牛に変身したゼウスにクレタ島へ連れ去られ、ミノス、ラダマンテュス、サルペドンを生む。彼女がこの牛に乗せられて巡行した地域がヨーロッパと呼ばれるようになったという。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エウロペ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エウロペの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation