@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エカチェリーナ(1世)【えかちぇりーな】

日本大百科全書(ニッポニカ)

エカチェリーナ(1世)
えかちぇりーな
Екатерина  Алексеевна Ekaterina Alekseevna
(1684―1727)
ロシアの女帝(在位1725~27)。英語ではキャサリンCatherine。リトアニア農民の娘として生まれた。北方戦争中マリエンブルクでロシア軍に捕らえられ、すぐにピョートル1世(大帝)のよき伴侶(はんりょ)となり、1724年に正式に皇后となった。ピョートルの死後、近衛(このえ)兵に推されて帝位についた。国政をみず、実権はメンシコフ公に帰した。翌年、メンシコフの専横を嫌った他の重臣たちは枢密院をつくり、これにより帝権を制約した。ピョートル1世の遺志を継いでロシア科学アカデミーを創設した(1725)。彼女はその死(1727年5月6日)の直前、遺言で帝位にピョートル1世の孫ピョートル2世を指名した。[伊藤幸男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エカチェリーナ(1世)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エカチェリーナ(1世)の関連情報

関連キーワード

ピョートル嬉野次郎左衛門ピョートル[1世]ピョートルピョートル1世(大帝)ロマノフ朝挿花ピョートル(1世)谷木因新井白石

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation