@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エギュイーユ・デュ・ドリュ山【えぎゅいーゆでゅどりゅさん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

エギュイーユ・デュ・ドリュ山
えぎゅいーゆでゅどりゅさん
Aiguille du Dru
フランス東部、アルプス西部、モンブラン山群のシャモニー針峰群の一峰。大Grandドリュ(3754メートル)と小Petitドリュ(3733メートル)よりなる。大ドリュは1878年イギリスのC・T・デントClinton Thomas Dent(1850―1912)らにより、小ドリュは1879年にフランスのJ・E・シャルレJean-Esteril Charlet-Straton(1840―1925)らにより初登頂された。北壁、西壁、南西岩稜(がんりょう)(ボナッティ稜)など岩登りの有名なルートは小ドリュにある。[徳久球雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エギュイーユ・デュ・ドリュ山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エギュイーユ・デュ・ドリュ山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation