@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エクリチュール

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エクリチュール
écriture
文学上の概念。「書くこと」「書かれたもの」さらには「書かれた言語」などを意味する。批評家 R.バルトによると,言語 (ラング) は作家の活動する場を限定し,文体は作家の体質に内在するものであって,ともに作家の意志に無関係であるが,その中間に,作家が意識的に選択する1つの形態的実体エクリチュールがあり,それによって作家は彼自身になるのだとしている。この概念はフランスヌーボー・ロマンの作家たちや,雑誌『テル・ケル』 (1960創刊) を中心とするグループによって,さらに発展させられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

エクリチュール(〈フランス〉écriture)
文字。筆跡。また、書くこと。書き方。文章以外の映画・演劇・音楽などの表現法、書法の意味にも用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えくりちゅーる【エクリチュール】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

エクリチュール【écriture】
書くこと。広義では、線・文字・図を書くこと、狭義では書かれたもの(特に文字言語)をさす。フランスの哲学者デリダにより、西欧の音声(ロゴス)中心主義を批判するのに用いられた語。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

エクリチュール
えくりちゅーる
critureフランス語
「書かれたもの」や「文字」、「書くこと」や「文体」、「書き言葉」を意味するフランス語。この語を哲学的概念として定式化したのはジャック・デリダである。
 デリダは、1967年に出版された『声と現象』La voix et le phnomne、『エクリチュールと差異』L'criture et la diffrence、『根源の彼方に――グラマトロジーについて』De la grammatologieの3冊で、西欧の思想を支配してきたロゴス中心主義を脱構築するために、戦略的にこの概念を使用した。ここでいうロゴスとは、一方で言葉、とくに話し言葉であり、他方で理性、合理性、論理である。デリダは、西欧の思想が、この二つの意味でのロゴスを最終的なよりどころにしてきたことを、プラトン、ルソー、ソシュール、フッサールらのテクストに沿って実証する。そして、完全な自己現前は不可能であること、パロール(話し言葉)がエクリチュールよりも直接的に語り手の意図を伝達できるわけではないこと、またしたがって単線的で一元的なテクストの意味はなく、一つのテクストにも多くの正当な解釈がありうることを主張した。
 デリダが批判するのは、第一に「声は主体に近い」という考えである(音声中心主義)。自分が話す声を同時に聞くことができるという経験から、パロールこそ私の思考を直接的に表すものであるという考えが生じる。そこからエクリチュールはパロールの代補にすぎないとされてきた。第二に、この音声中心主義の基盤にあるのは、「現前の形而上学」である。すなわち、声が自己に近いとする発想は、声を出さずに「自分が話すのを聞く」ことこそ自己意識そのものだという考えを前提にしている。実際、西欧哲学では、この「自己の自己への直接的現前」としての自己意識こそが真理の起源であるとされてきた。第三にデリダが批判するのは、序論から結論へといたる直線的なエクリチュールの容れ物としての書物である。実際、これ以後デリダは、『散種』La dissmination(1972)、『余白――哲学について』Marges; de la philosophie(1972)、『弔鐘』Glas(1974)などで、単線的、一元的な意味に拘束されないエクリチュールを実践する。
 デリダが主張するのは、著者の純粋な思考という唯一無二の起源はないこと、ましてやその起源なるものが自分自身といささかのずれもなく自己現前することはないということである。エクリチュールは、常に起源としての著者の純粋な思考をよみがえらせることに失敗するが、むしろそのことによってその起源について考えることを可能にする。その結果明らかになるのは、起源には自己に対する隔たりと遅れを生む働きしかないことである。そしてデリダは、この差異と遅延を生じる働きを、原(アルシ)エクリチュール、痕跡(トラス)、あるいは差延diffranceと呼んだ。[松葉祥一]
『ジャック・デリダ著、高橋允昭訳『声と現象』(1970・理想社) ▽ジャック・デリダ著、足立和浩訳『根源の彼方に――グラマトロジーについて』上下(1972・現代思潮社) ▽ジャック・デリダ著、若桑毅ほか訳『エクリチュールと差異』上下(1977、1983・法政大学出版局) ▽Marges; de la philosophie(1972, Lesditions de Minuit, Paris) ▽Glas(1974, Galile, Paris) ▽La dissmination(1993, ditions du Seuil, Paris)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

エクリチュール
〘名〙 (écriture) 文字。筆跡。また、書くこと。書き方。文章以外の造形芸術や映画、演劇、音楽などの表現法や書法の意味にも用いる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

エクリチュール
言説」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

エクリチュール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エクリチュールの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation