@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エコノメトリック・モデル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エコノメトリック・モデル
econometric model
計量経済学模型。経済理論では経済的因果関係を一般的な数式で表現しているのに対し,計量経済学ではそれに現実のデータをあてはめ,最小二乗法 (回帰分析) や最尤法 (さいゆうほう) などの統計的手法を用いて具体的に推定するための方程式をいう。方程式が1個の場合が単一方程式モデルで,消費関数投資関数賃金・物価関数など個別経済変数の説明に用いられる。方程式が2個以上の場合が連立方程式モデルで,アメリカのワートン・モデル,日本の内閣府の短期予測モデルなどが著名であり,これらは経済構造の分析のほか,経済予測やシミュレーション (モデル実験) による政策効果の評価などに用いられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えこのめとりっくもでる【エコノメトリック・モデル】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

エコノメトリック・モデル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エコノメトリック・モデルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation