@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エコフィード【えこふぃーど】

知恵蔵

エコフィード
食品残渣(ざんさ)を原料として作られた家畜の飼料。輸入依存度の高い飼料の一部を、食品資源を再利用して賄うことで、飼料自給率の向上が見込める。「エコフィード」は、「エコロジカル(環境にやさしい)」や「エコノミカル(節約する)」の「エコ(eco)」と、「飼料(feed)」から成る造語で、配合飼料供給安定機構の登録商標。
食品残渣には、食品製造過程で発生するビールかすや豆腐かすなどの副産物の他、売れ残りのパンや弁当などの余剰食品、調理に伴い発生する調理残渣などがあり、減量化が課題になっている。一方、飼料は、国内自給率が25%(2010年度概算)と低く、食料自給率を下げる一因になっていた。中でも、主に養豚や養鶏に利用されるトウモロコシなどの濃厚飼料は、11%(同)しかない上に、近年はバイオ燃料需要や異常気象などにより飼料穀物の安定調達が難しくなり、畜産経営への影響が懸念されている。食品残渣の飼料化は、残渣の減量と飼料の国産化を図りつつ、飼料費を低減させる取り組みとして推進されてきた。農林水産省の推計では、国内の食品産業から排出される残渣は年間1134万トンで、このうち60%が再生利用されており、その35%が飼料化だった(いずれも2007年度)。
飼料自給率の向上は、「食料・農業・農村基本計画」で重要な政策課題として位置づけられ、15年度に粗飼料100%、濃厚飼料14%の自給率を達成することが目標として掲げられている。エコフィードは、濃厚飼料の自給率向上の取り組みの一環として推進されており、各地で地元の食品企業と畜産農家の連携が進められている。09年にエコフィード認証制度を設け、11年にはエコフィード利用畜産物認証制度を開始し、食品残渣の飼料化とエコフィードの利用を推進している。
(原田英美  ライター / 2011年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

朝日新聞掲載「キーワード」

エコフィード
残った食べ物や、ジュースを搾ったあとのかす、野菜くずなどを利用した家畜用の。余った食べ物の処理費を抑えたい業者側、生産コストの3~6割を占める餌代を下げたい畜産業者側双方にメリットがあり、農林水産省によると製造量は2018年度までの15年間で2.5倍近くに増えた。
(2020-02-14 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

エコ‐フィード(eco-feed)
野菜くずや売れ残ったパンなどの食品廃棄物から作られる家畜飼料。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エコフィード」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エコフィードの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation