@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エコンドライト

世界大百科事典 第2版

エコンドライト【achondrite】
隕石のうちではまれな種類に属するが,地球外物質ではもっとも地球・月の岩石に近い結晶質の隕石。もっとも普通の隕石であるコンドライトに見られるコンドルールという丸い玉を含まない石質隕石である。最初の文字aはコンドライトではないという否定接頭辞。1974年までに知られている約2300個の非南極隕石(南極大陸以外の地域で発見された隕石)のうちに81個見つかっている。含まれる鉱物の種類,化学組成により次の9種に分類される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

エコンドライト
えこんどらいと
achondrite

石質隕石(いんせき)のうち、コンドルール(ミリメートル・サイズのケイ酸塩液滴)を含まないものの総称。別名無球粒隕石。その組織は地球上の火成岩に類似し、地球に落下する隕石の9%を占める。エコンドライトは、その化学組成および鉱物組成に基づいて9種類に分類される。そのうちの4種類(ユークライト、ホワルダイト、アングライト、ダイオジェナイト)は、層構造をもつ半径数百キロメートルの小天体の破片である。この小天体の中心部は、隕鉄、石鉄隕石の一種パラサイトが占めていた。この小天体に類似する現存小天体は小惑星ベスタである。他の2種類(オーブライトとユレーライト)は、それぞれ別個の小天体の破片である。これらの隕石の形成年代は45.5億年前であり、小惑星帯起源と考えられている。残る3種類(シェルゴツタイト、ナクライト、シャシナイト)は、その形成年代が13億年前であり、火星表面からなんらかの衝撃によって飛散した隕石である可能性が強い。

[小沼直樹]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エコンドライト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エコンドライトの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation