@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エゴイズム

デジタル大辞泉

エゴイズム(egoism)
自分の利益を中心に考えて、他人の利益は考えない思考や行動の様式。利己主義。
哲学で、自我だけが確実に存在し、他は一切認識不能であるとする。唯我(ゆいが)独我論

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

エゴイズム【egoism】
日常用いられている意味では,エゴイズム(利己主義)とは自己の欲望の充足あるいは利益の追求をもっぱら念頭において行動し,その行動が他者や社会一般に及ぼす迷惑を考慮に入れない態度を指す。エゴイズムという語は個人主義individualismという語と同じ意味に用いられることもある。しかし個人主義という概念は自律autonomyの要素を含むと考えるなら,エゴイズムはしばしば個人主義ではない。なぜなら,エゴイストはしばしば特定の対象を他者が欲しているがゆえにその対象を自分もほしがり,一般に利益と思われているものを自分の利益と考えるからである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

エゴイズム
〘名〙 (egoism)
① 自分の利益だけを考え、他人のことを省みないこと。自己本位。わがまま。自己主義。利己主義。
※倫理新説(1883)〈井上哲次郎〉「一己主楽教(インヂウヰヂュオル・ヘドニズム)は、又以彼古羅教(エピキュリヤニズム)或は主我教(イゴイズム)と名づけ」
② 確実に存在するのは自我だけであるとする立場。自我主義。〔外来語辞典(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エゴイズム
自我主義」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

エゴイズム
えごいずむ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エゴイズム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エゴイズムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation