@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エジプト文字【エジプトモジ】

デジタル大辞泉

エジプト‐もじ【エジプト文字】
前3000年ごろ作られた古代エジプト象形文字表意文字表音文字と漢字のにあたるものの3種、約3000字がある。ヒエログリフ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

エジプトもじ【エジプト文字】
ヒエログリフ(聖刻文字)によって代表される古代エジプト文字のこと。ヒエログリフはシュメールの文字とともに世界最古の文字で,使用の上限は先史時代末期(前3200ころ)。文字の存在がエジプトの政治的・経済的・文化的発展を促進したことはいなめない。〈聖刻〉の名のごとく石面・木面に刻まれた例が多いが,しっくい壁やパピルスにも書かれた。象形文字,絵文字ともよばれるように,きわめて具象的であることで有名である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

エジプトもじ【エジプト文字】
古代エジプトで使われた文字。最古のものは紀元前3000年頃の象形文字で、ヒエログリフ(聖刻文字)と呼ばれる。その後、字形を簡略化してヒエラティック(神官文字)やデモティック(民衆文字)などの書体が作られた。 → ロゼッタストーン

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

エジプト文字
えじぷともじ
古代エジプトで使われた文字。聖刻文字、神官文字、民衆文字の3種がある。いちばん古いのが聖刻文字(ヒエログリフ)で、人体、鳥、獣、魚、その他自然界のものを絵として示した。この文字はすでに先王朝時代に生まれていたが、書記法が整ったのは第1王朝が始まってからである。その書記法は、音韻文字(アルファベット)と意味文字を組み合わせるということであり、同じ文字が場合によって音韻文字になり、また意味文字にもなった。音韻文字といっても1文字1音だけではなく、2音、3音を表すものがあった。また表記音韻には母音はなく、子音だけである。そこで今日のエジプト学者は、子音の間にeまたはoの音を補って発音している。聖刻文字の数は約700である。その書記法は日本の「漢字仮名交じり文」に近い。
 この聖刻文字は筆記に手数がかかり、したがって多くの時間を要するので、早く書くための神官文字(ヒエラティック)が生まれた。この新しい文字は、絵を著しく簡略化したものである。聖刻文字が神殿、ピラミッド、墓、勅令などに一貫して用いられるのに対し、神官文字は行政上の文書、文学作品、書簡におもに用いられた。パピルス紙の普及とともに神官文字は多用された。ついでエジプト人は、それをさらに早く書くくふうをし、民衆文字(デモティック)をつくりだした。紀元前7世紀のことである。これは、神官文字の象形的な名残(なごり)をまったく捨てるとともに、文字のグループをまとめて記すという文字で、行政上の文書に主として用いられた。
 前30年にエジプトがローマ領になってから、エジプト文字は著しく衰え、紀元後5世紀にビザンティン皇帝ユスティニアヌスの勅令によって神殿閉鎖が命ぜられたときをもって決定的に消えた。聖刻文字は1822年にフランスのシャンポリオンによって解読されたが、この鍵(かぎ)を与えたのは前2世紀の、聖刻文字、民衆文字、ギリシア文字で書かれたロゼッタ石の碑文である。[酒井傳六]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

エジプト‐もじ【エジプト文字】
〘名〙 古代エジプトの象形文字。シュメール人の創始した楔形(くさびがた)文字と同じく紀元前三一〇〇年ごろに作られた、世界最古の文字。表意文字、表音文字と、漢字の偏にあたる文字とからなり、約三〇〇〇字ある。書体には、碑文に用いられたヒエログリフ(聖刻文字)、書記や神官が用いたやや簡略なヒエラティック(神官文字)、紀元前七〇〇年ごろ作られ、一般人の商取引や文学に使われたデモティック(民衆文字)の三種があり、前の二つは紀元四世紀まで、後者は五世紀まで用いられた。ヒエログリフは、一八二二年フランスのシャンポリオンによって解読された。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

エジプト文字
エジプトもじ
古代エジプトで使用された文字
絵文字から発達した象形文字で,表意文字であるとともに表音文字であった。神聖文字(ヒエログリフ)のほか,その略字体である神官文字(ヒエラティック)・民衆文字(デモティック)の3書体があり,ロゼッタ石が鍵となって,フランス人シャンポリオンらにより解読されるようになった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エジプト文字」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エジプト文字の関連情報

関連キーワード

チョ・ヘリ王 濛王 濛マルティナ サブリコヴァマルティナ サブリコヴァチェ ウンギョンクラウディア ペヒシュタイン周 洋イレイン ブストクラウディア ペヒシュタイン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation