@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エジリン輝石【エジリンきせき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エジリン輝石
エジリンきせき
aegirine
アルカリ輝石一種。 NaFe3+(Si2O6) 。緑ないし黒色の柱状結晶。単斜晶系,比重 3.55~3.60 ,硬度6。ナトリウム,鉄の位置にカルシウム,マグネシウム,アルミニウムなどの置換が進み,(Na,Ca)(Fe3+,Fe2+,Mg,Al)(Si2O6) で表わされるものをエジリン・オージャイト (エジリン輝石質普通輝石) という。エジリン輝石とエジリン輝石質普通輝石の間の組成は連続的である。最初の記載地ノルウェーの海神 Aegirにちなんで命名された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えじりんきせき【エジリン輝石】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

エジリン輝石
えじりんきせき
aegirine
acmite

アルカリ輝石の一種。単にエジリンともいう。英名アクマイトacmiteも同義。しばしば結晶は長柱状で、先端が錐(きり)のようにとがっていることがあるので錐輝石(すいきせき)ともいう。エジリン普通輝石と化学組成は連続している。このような外観をもつものはアルカリ火成岩中にみられ、緑色系である。とくに霞石閃長岩(かすみいしせんちょうがん)およびそのペグマタイト中から多量に、かつ巨大な結晶が産する。しかし日本にはこの産状のものはなく、わずかに閃長岩、粗面岩、アルカリ玄武岩中に細かいものを産するにすぎない。ほかに、変成層状マンガン鉱床中、ある種の石英片岩中に産する。これらの多くは塊状あるいは粒状結晶で、褐色系である。この産状のものは日本でよくみられる。日本では、静岡県焼津(やいづ)市高草山(たかくさやま)、愛媛県越智(おち)郡岩城島(いわぎしま)、福島県いわき市御斎所(ございしょ)鉱山(閉山)などで産出する。ノルウェーから最初にこの鉱物が報告されたため、スカンジナビアの海神エジル(アエギル)Aegirにちなんで命名された。

[松原 聰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エジリン輝石」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エジリン輝石の関連情報

関連キーワード

エジリン錐輝石エジリン輝石(データノート)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation