@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エスカルゴ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エスカルゴ
Helix pomatia; escargot; apple snail
軟体動物門腹足綱リンゴマイマイ科。食用カタツムリ高 4cm,殻径 3.7cm。殻は球状,螺塔は小さく,体層が丸くて大きい。殻口も丸く,大きい。 escargotは本来はカタツムリあるいは螺旋状で,食用カタツムリは正しくは escargot de vignes (ブドウ園のカタツムリ) という。これは,中部ヨーロッパ分布しているものを採取し,ブドウ園の廃園などに集めて飼育することからそのように名づけられたもので,ブルゴーニュ産のものが最良品とされる。ただし,本種以外の大型カタツムリも食用とされている。最近は数が不足し,中近東の別の種を輸入しているほどである。またオーストラリア南アフリカ,アメリカなどに移入されてすみついているが,分布は広がっていない。料理方法としては,ゆでて刻んだ肉を殻に戻しバターを詰めてオーブンで焼くのが一般的である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

エスカルゴ(〈フランス〉escargot)
マイマイ科のカタツムリ。ヨーロッパ原産で、フランス料理に用いる。食用カタツムリ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

エスカルゴ
日産自動車が1989年から1990年まで製造、販売していた乗用車。3ドアのライトバン。名称はフランス語でかたつむりを表わすエスカルゴ(escargot)と貨物(cargo)のスペイン語読みであるカルゴを掛けたものに由来する。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

エスカルゴ【Helix pomatia】
フランス料理の食用カタツムリとして有名なマイマイ科の陸産巻貝(イラスト)。escargotはフランス語でカタツムリの意で,この貝を指すにはescargot des vignes(ブドウ園のカタツムリ)が正しい。英名ではapple snail(リンゴマイマイ)ともいう。殻は高さ4cm,太さ4cmの球卵形。赤褐色の地に淡色帯が1~4本ある。中部ヨーロッパに広く分布し,ブドウの廃園に集めて飼育したのでこの名がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

エスカルゴ
えすかるご
escargot フランス語
[学] Helix pomatia

軟体動物門腹足綱マイマイ科のカタツムリ。食用種である。フランス語でエスカルゴは元来カタツムリまたは螺旋(らせん)を意味する。英語ではapple snailあるいはRoman snailといわれ、また、学名のラテン語種小名pomatiaはリンゴの意味ではなく、ギリシア語の「壺(つぼ)の蓋(ふた)」に由来するといわれる。中部ヨーロッパに普通にみられるカタツムリで、海抜1600メートルまで分布し、イギリスにも移入されている。なかでもフランスのブルゴーニュ地方に産するものが最良とされ、また、ブドウの葉で育ったものがもっとも味がよいとされて、とくにEscargot des vignes(ブドウのエスカルゴ)とよばれる。殻は球形で厚く、茶褐色でむらのある地肌に1~4本の白色帯が走る。成長線も強く、臍孔(へそあな)はふさがり、殻口外唇はやや肥厚している。殻高、殻径とも40ミリメートル内外である。食用カタツムリとして「エスカルゴ」と総称されるものは10種以上あり、フランスでは養殖されている。前種の次に重要なのはプチグリH. aspersaである。殻高、殻径とも30ミリメートルぐらいで、黄褐色の地に紫褐色の帯が4条走っていて、殻全面に縮緬(ちりめん)状のしわがある。この種はヨーロッパばかりでなく、アフリカ南部、アメリカ、オーストラリアまで移入されて繁殖し、common garden snailとよばれている。

[奥谷喬司]

食用

食用には、多くは飼育されたものが利用される。カタツムリ食用の歴史は、ヨーロッパでは古く、紀元前50年、すでに食用の目的でカタツムリが飼育されていたという。中世のカトリックでは、断食期間中でも、カタツムリの食用が許されていたため、僧院でもかなり広くカタツムリが飼育されていた。フランスで、カタツムリ専門の料理店ができたのは18世紀末ごろである。重要な料理材料の一つとされ、現在でもフランス料理においては、高い位置を占めている。

 カタツムリを用いた料理でもっとも有名なのは、エスカルゴブルゴーニュ風(エスカルゴ・ア・ラ・ブルギニョンヌ)である。なまのものをゆでて、殻から出し、きれいに洗う。これをさらに白ワインやブイヨンで煮る。カタツムリの殻に、パセリやニンニク、エシャロットのみじん切りをあわせたバターとともに詰め、オーブンで焼き、熱いうちに供する。また、シチューや炒(いた)め物にもする。日本へは、主として殻を別添した水煮缶詰が輸入されている。なお、食用にするカタツムリは、普通キャベツやレタス、ブドウの葉などを餌料(じりょう)にして飼育する。

[河野友美・大滝 緑]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

エスカルゴ
〘名〙 (escargot)
① 食用カタツムリ。フランスのブルゴーニュ地方の名産。主に人工養殖され、フランス料理に用いられる。
※ふだん着のソ連(1955)〈渡辺善一郎〉検査と検閲「うまいエスカルゴ(かたつむり)を食わせる店があった」
② (上から見た形がカタツムリに似ているところから) パリ市内にある公衆便所の通称。
※ある心の風景(1926)〈梶井基次郎〉一「君の部屋は仏蘭西(フランス)の蝸牛(ヱスカルゴ)の匂ひがするね」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エスカルゴ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エスカルゴの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation