@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エスキモー語【エスキモーご】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エスキモー語
エスキモーご
Eskimo language
エスキモー=アレウト語族の一つ。グリーンランドからアラスカ南部にかけて話されている。グリーンランドおよびカナダ北極地帯のイヌック方言と,アラスカおよびシベリアのユック方言に2分できる。それぞれ約6万 8000人,1万 6000人の話し手をもつ。グリーンランドのエスキモー語とアラスカのそれとの差はかなり大きい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

エスキモー‐ご【エスキモー語】
エスキモーによって話される言語。抱合語に属し、アメリカ先住民の言語と同型。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

エスキモーご【エスキモー語 Eskimo】
エスキモー・アレウト語族に属し,シベリアのチュコート半島,南西および北アラスカ,カナダ極北(ラブラドルを含む),グリーンランドで約8万(1982推定)のエスキモーが話す5ないし6の言語の総称。話者の数でいえば,チュコート半島には少なく,北アメリカ大陸北辺とグリーンランドが語域の中心である。18世紀以来,白人との接触の結果,ヨーロッパ系言語に蚕食されてきてはいるが,全体としてはいまも大きな活力をもつ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

エスキモー語
えすきもーご

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エスキモー語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エスキモー語の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation