@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エスチュアリー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エスチュアリー
estuary
海にって三角形に開いた河口部。海岸平野など,起伏の小さいところの河川沈水して形成された。河口部はゆるやかで潮汐海水の影響を強く受ける。三角江ともいう。南アメリカのラプラタ河口,北アメリカのセントローレンス河口,ヨーロッパのエルベ川テムズ川などがその例。このような河口は大型船舶の遡航が容易な場合が多いので,しばしば大河口港が発達する。ロンドンブエノスアイレスモントリオールハンブルクなどはその好例である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

エスチュアリー【estuary】
河川の下流部にある海の入江で,潮汐の影響をうけ,海水と淡水が出あい,混合する場所をいう。河口湾と訳される。一般に細長い漏斗状の形態をして,外洋に開口しているものと,出口に砂州があり部分的に閉ざされているものとがある。多くは最終氷期の海面が低かった時代にできた河谷が,後氷期の海面上昇によって溺れ谷となり,その後の堆積作用が相対的に弱いために埋積されず,河口部が水域のまま保持されている所である。テムズ川やエルベ川のように,水深が大きいために海上交通と内陸交通の接触点として重要な港湾施設が立地する所も多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

エスチュアリー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エスチュアリーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation