@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エステル交換【エステルこうかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エステル交換
エステルこうかん
transesterification; ester interchange
エステル置換ともいう。エステルに,アルコール,またはほかのエステルを作用させて,別のエステルをつくること。この反応で微量アルカリ無機酸触媒作用をする。アルコールを作用させる場合をアルコーリシス,酸を作用させる場合をアシドリシス,ほかのエステルを作用させる場合をエステル相互交換という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

エステル‐こうかん〔‐カウクワン〕【エステル交換】
エステルにアルコールや酸または他のエステルを反応させて、別のエステルに変換すること。バイオディーゼル燃料生成をはじめ、油脂改質に用いられる。エステル置換。エステル基交換

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

エステル交換
 エステル転移反応ともいう.エステルとアルコール,カルボン酸,または他のエステルを混合し,酸や塩基の存在下で,当初のエステルを構成する酸を他の酸に変えたり,アルコールを他のアルコールに変えることをいう.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

エステルこうかん【エステル交換 ester interchange】
エステルまたはラクトンにアルコール,酸,または別種のエステルを作用させて,酸に由来する部分(酸基)またはアルコールに由来する部分(アルキル基)の交換反応を起こさせ,別種のエステルを生成させる反応。反応は次の3種類がある。(1)アルコリシス エステルを大量のアルコール中で酸またはアルカリの存在下で加熱することにより,アルキル基の交換を行う(式(1))。(2)アシドリシス エステルを無触媒または硫酸や三フッ化ホウ素の存在下で酸とともに加熱して,酸基の交換を行う(式(2))。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

エステル交換
えすてるこうかん
transesterification
エステルにアルコール、酸または他のエステルを反応させて、エステルを構成する酸基(カルボン酸の場合はアシル基)、またはアルキル基を交換する反応をいう。エステル基交換、エステル置換とよばれることもある。エステルの構造をRCOOR'とすると、一般に、次の3通りのタイプのエステル交換反応がある。
(1)アルコーリシス アルコールを作用させてアルキル基R'を交換する反応で、触媒としてナトリウムアルコキシドなどを用いる。
(2)アシドリシス 酸を作用させてアシル基RCOを交換する反応で、通常、硫酸などを触媒として用いるが、触媒なしで酸とエステルを加熱してもおこる。
(3)エステル相互交換 2種類のエステル(RACOOR'AとRBCOOR'B)の間での交換で、ナトリウムメトキシド、水酸化スズなどの触媒を用いる。
  RACOOR'A+RBCOOR'B
   ―→RACOOR'B+RBCOOR'A
この反応は油脂の改質などに利用され、油脂工業において重要である。[廣田 穰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

エステル交換
エステルコウカン
ester interchange, transesterification

エステルにアルコール,カルボン酸,またはほかのエステルをはたらかせて,アシル基またはアルコキシ基の交換を起こさせ,あらたなエステルを生成させる反応をいう.いずれも可逆反応で,次の3種類に分けられる.

(1)アルコーリシス

   R1COOR2 + R3OH R1COOR3 + R2OH   

触媒:エステル化の触媒,ナトリウムアルコキシドなど.

(2)アシドリシス

   R1COOR2 + R3COOH R3COOR2 + R1COOH   

無触媒で加熱,または硫酸,スルホン酸,三フッ化ホウ素,スズや亜鉛などの金属セッケンを触媒に用いる.

(3)エステル相互交換

   R1COOR2 + R3COOR4R1COOR4 + R3COOR2   

触媒:ナトリウムメトキシド,水酸化アルカリ,塩化スズ(Ⅳ),水素化ナトリウムなど.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エステル交換」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エステル交換の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation