@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エスピリツ・サント島【えすぴりつさんととう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

エスピリツ・サント島
えすぴりつさんととう
Espíritu Santo

南太平洋、メラネシア、バヌアツ(ニュー・ヘブリデス諸島)最大の島。別名マリーナMarina島、単にサント島ともいう。南北112キロメートル、東西72キロメートル、面積3678平方キロメートル。人口3万2416(1998)。火山島で、最高峰はタブウェマサナTabwemasana山の標高1880メートル。1606年ポルトガル人航海者キロスPedro Fernández de Queirós(1560?―1614)が発見、これを大陸と誤認し、「南の聖霊の土地」Espiritu Santo Australisと命名した。イギリス人、フランス人がココヤシ農園を経営してきたが、1957年にはマグロなどを対象に、アメリカ、イギリス、フランス、日本の合弁による南太平洋漁業会社が南東岸のパリクラPalikulaに設立された(同社は1980年代後半以降は船舶の修理、冷凍牛肉の保管がおもな業務となっている)。南東端のルガンビルLuganvilleはバヌアツ第二の都市でサント市ともよばれる。

[大島襄二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エスピリツ・サント島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エスピリツ・サント島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation