@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エセン

デジタル大辞泉

エセン(Esen)
[?~1454]中国代、モンゴルオイラート部の族長。全モンゴルを制覇して、オイラートの全盛期を築き、1449年にはに進攻して土木堡(どぼくほ)で明軍を破り英宗捕虜にした(土木の変)。のちみずから大ハン位に就き、大元天聖大ハンと称したが、部下に殺された。也先。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

エセン【Esen】
?‐1454
中国,明代のオイラートの首長。1388年の元朝滅亡後,混乱を続けたモンゴリアでは,1430年西モンゴル族オイラートの部長トゴンが台頭,東モンゴリアにも手を伸ばしたが,チンギス・ハーン家の血を神聖視する通念は依然根強かったため,その末裔トクトア・ブハを名目的なハーンにつけ,みずからはタイシ(太師)と称し実権を握った。39年にトゴンは死に,長子エセンは統一モンゴルの力を利して対外拡張を開始,東はウリヤンハイ三衛・女真人地区,西はハミ,モグーリスターンまでを掌握した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

エセン
えせん
Esen
(?―1454)

15世紀モンゴルの覇者オイラートのチョロス部の指導者(在位1439~54)。父トゴンを継いで全モンゴルの実権を握り、東方では女真(じょしん)を、西方では東チャガタイ・ハン国を制圧し、ウズベクを撃破し、ほとんどチンギス・ハン時代のモンゴル帝国を再現した。中国、明(みん)朝とは朝貢使節の人数の制限問題で衝突し、1449年、四手に分かれて進攻し、土木堡(どぼくほ)において明軍を撃滅して英宗皇帝を捕虜とした(土木の変)。51年に名目上の北元皇帝トクトア・ブハ・ハンを殺し、53年自ら大元天聖大ハンの位に上ったが、翌年、部下の反乱で殺され、オイラート帝国は瓦解(がかい)した。その子孫がジュンガル部のガルダンである。

[岡田英弘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エセン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エセンの関連情報

関連キーワード

足利成氏古河公方金春禅鳳ベスプッチポリツィアーノ森吉山足利成氏伊勢貞親海津壁書

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation