@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エタン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エタン
ethane
化学式 CH3CH3 。石油分解ガスや湿性天然ガスに含まれる無色無臭の気体。他のメタン系炭化水素と同じように化学試薬に対して安定であるが,引火性,爆発性がある。沸点-89℃。 800℃では脱水素を起しエチレンとなり,1300℃ではさらに脱水素されアセチレンになる。燃料石油化学におけるエチレンの製造原料である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

エタン(〈ドイツ〉Äthan)
飽和炭化水素の一。無色無臭の気体。天然ガスや石油分解ガスに含まれる。燃料やエチレン製造に用いる。分子式C2H6 示性式CH3CH3

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

エタン
 C2H6 (mw30.07).CH3CH3.炭化水素ガスであるが,ビタミンEとセレンの両方が極度に欠乏すると体内で不飽和脂肪酸が酸化されて生じ,呼気中に出現する.この場合,ペンタンも出現する.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

エタン【ethane】
脂肪族鎖式飽和炭化水素(アルカン)の一つ。化学式C2H6。湿性天然ガス,石油分解ガス,改質ガスなどに含まれ,その低温分留によって得られる。振動回転スペクトルの研究から,C-Cの距離は1.57Å,C-Hの距離は1.09Å,∠HCHは112度とされている。無色無臭の気体で,凝固点-183.6℃,沸点-89℃。比重1.04(0℃,760mmHg,空気=1)。20℃で100mlの水に4.72mlのエタンが,また4℃で100mlのエチルアルコールに46mlが溶解する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

エタン
えたん
ethane

鎖式飽和炭化水素の一つで、無色、無臭の気体。

 天然ガスおよび原油の蒸留によって得られるガス中に存在する。引火性、爆発性があるが化学反応性には乏しい。空気中での爆発限界は3.2~12.5容積%である。700~900℃で熱分解するとエチレンと水素を生成する。さらに高温ではアセチレンを生じる。エチレンの原料として石油化学製品の製造に用いられるほか、クロロエチレンなどのハロゲン化合物の製造や燃料としての用途がある。高濃度では麻酔作用がある。エタンの製造はエチレンやアセチレンを、触媒を用いて接触的水素化を行うか、ハロゲン化エチルを還元するが、純粋なエタンの用途は少ない。

[佐藤武雄・廣田 穰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

エタン
〘名〙 (Äthan) 天然ガス、石炭ガス、石油ガス中に含まれる無色無臭の気体。化学式 C2H6 引火性、爆発性があるが化学的活性に乏しい。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

エタン
エタン
ethane

C2H6(30.07).CH3CH3.脂肪族飽和炭化水素(アルカン)の一つ.石油系炭化水素の分解,改質により発生するガス,および湿性ガス中に含まれる.製法は,上記ガスより分留すると得られる.原子間距離C-C0.157 nm,C-H0.109 nm.∠H-C-H112°.二つのメチル基が重なり形配座よりもねじれ形配座になったほうが約12 kJ mol-1 安定である.引火性の無色,無臭の気体.融点-183.27 ℃,沸点-88.63 ℃.爆発範囲3.2~12.5体積%.化学的活性に乏しく,おもに燃料およびエテンの製造原料として用いられる.[CAS 74-84-0]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エタン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エタンの関連情報

関連キーワード

ラジカル反応同族列誘導体接触還元エタン(データノート)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation