@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エチオピア戦争【エチオピアせんそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エチオピア戦争
エチオピアせんそう
Ethiopian War; Italo-Ethiopian War
イタリアによる2度のエチオピア侵略戦争。 (1) 第1次エチオピア戦争  1889年締結のウチアリ条約の解釈をめぐって両国は対立,93年エチオピア皇帝メネリク2世が同条約の破棄通告,94年イタリア首相 F.クリスピが軍事侵入を開始。イタリア軍は 96年3月のアドワの戦いで大敗して侵略の野望が砕かれ,同年 10月にアジスアベバ平和条約が結ばれた。 (2) 第2次エチオピア戦争 イタリア領ソマリランドとエチオピアの国境紛争を口実にイタリア首相ムッソリーニは兵を動員,1935年 10月3日にエチオピア侵略を開始。 E.デ・ボーノ,次いで P.バドリオを総司令官とするイタリア軍は近代兵器,毒ガスを使用して優位に立ち,36年5月5日にアジスアベバを占領,イタリア王を皇帝とするエチオピア帝国の形成を宣言した。エチオピア皇帝ハイレ・セラシエ 1世の提訴により国際連盟はイタリアに対する経済制裁を決めたが,実効を伴わなかった。この侵略戦争をきっかけにヨーロッパの緊張が急速に高まり,第2次世界大戦遠因となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

エチオピア‐せんそう〔‐センサウ〕【エチオピア戦争】
イタリアがエチオピアを侵略した2回の戦争。第一次(1895~96)ではエチオピアに撃退されたが、ファシスト政権下の第二次(1935~36)の侵略でエチオピアを併合。アビシニア戦争。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えちおぴあせんそう【エチオピア戦争】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

エチオピアせんそう【エチオピア戦争】
イタリアによる、二回のエチオピア侵略戦争。1895~96年の一回目は撃退されたイタリアも、1935~36年の二回目にはエチオピア全土を併合した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

エチオピア戦争
えちおぴあせんそう
Ethiopian War
エチオピア支配を目ざしたイタリアの侵略戦争。19世紀末および1930年代の二度にわたって行われた。

第一次

19世紀末の帝国主義列強のアフリカ分割競争に立ち後れたイタリアは、アフリカ東部唯一の独立国エチオピアに関心をもち、1889年同国の内紛に際しメネリク2世を支援して皇帝即位を実現させるとともに、同年のウッチャリ協定によってエチオピアの保護領化を計画していた。ところが93年メネリク2世がフランスの支持を得てウッチャリ協定を破棄すると、イタリアは軍隊を派遣し、侵略を開始した。しかし、96年アドワでイタリア軍が大敗、これによりイタリアの侵略計画は挫折(ざせつ)し、同年のアディス・アベバ協定でエチオピアの主権は確保された。[藤村瞬一]

第二次

第一次世界大戦後のベルサイユ体制において領土的野心を充足されなかったイタリアは、豊かな資源に恵まれたエチオピアを再度、侵略目標に選んだ。1934年12月、イタリア領ソマリランドと国境を接するワルワルの町で両国の軍隊の衝突事件があり、イタリアはこれを本格的な侵略の契機にしようとした。エチオピアはただちに国際連盟に提訴するとともに、28年の両国仲裁条約に基づき仲裁を求めたが、仲裁は容易に成立しなかった。この間、フランスは35年1月、ラバル‐ムッソリーニ協定によってイタリアのエチオピア侵略に暗黙の了解を与えており、また、同年3月のドイツの再軍備宣言によって、列強の関心はヨーロッパに集中していた。さらに同年8月、アメリカは中立法を制定して紛争の局外にたつ態度を示した。こうした情勢からイタリアは、エチオピア侵略の好機と判断し、10月、宣戦布告もなく約80万の兵力を投入、侵略を開始した。国際連盟はようやく規約第16条に基づく初の制裁を決議したが、制裁の内容は経済面に限定され、イタリアが戦争に不可欠とする石油の禁輸は除外するという緩慢なものであった。また、イギリスもイタリア艦船のスエズ運河通過を禁止せず、とくに英仏は同年12月ホーア、ラバル両外相の間でエチオピアをイタリアの保護国とする戦争の終結案を発表するなど、大国の対イタリア宥和(ゆうわ)策は明瞭(めいりょう)であった。イタリアはエチオピア軍の激しい抵抗と高地での戦闘に苦しんだが、違法な毒ガスの使用と近代兵器の大量投入によってようやくエチオピア軍を圧し、36年5月2日、皇帝ハイレ・セラシエが亡命、5日首都アディス・アベバが陥落、9日イタリアのエチオピア併合宣言によってエチオピア戦争の幕は閉ざされた。[藤村瞬一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

エチオピア‐せんそう ‥センサウ【エチオピア戦争】
イタリアのエチオピアに対する侵略戦争。一八九三~九六年の第一次侵略で完敗したが、一九三五~三六年の第二次侵略で勝ち、エリトリア、ソマリアに併合してイタリア領東アフリカを形成した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

エチオピア戦争
エチオピアせんそう
イタリアの2回にわたるエチオピアへの侵略戦争
【第1回】1895 イタリアはエリトリア方面から侵略を開始したが,フランスの支援をうけた原住民によりアドワの戦いで大敗して失敗。
【第2回】1935〜36 ファシスト政権の武力侵略に対し,国際連盟は対伊経済制裁を決定したが効果なく,1936年エチオピアは併合された。これは国際連盟の無力を示し,ドイツ・イタリアの接近を招いた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エチオピア戦争」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エチオピア戦争の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation