@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エチオピア

朝日新聞掲載「キーワード」

エチオピア
人口約9700万人。2050年には2億人近くになると見込まれる。国際通貨基金(IMF)によると、14年の実質GDP成長率は10・3%。世界でもトップクラスの成長を続ける。人件費が安く、外国からの投資が集中小売業建設業も活発だ。
(2016-03-22 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

世界大百科事典 第2版

エチオピア【Ethiopia】
正式名称=エチオピア連邦民主共和国Federal Democratic Republic of Ethiopia面積=113万3882km2人口(1996)=5671万人首都=アジス・アベバAddis Ababa(日本との時差=-6時間)主要言語=アムハラ語,オロモ語,英語通貨=ビルBirrアフリカ大陸北東部に位置するアフリカ最古の独立国。1974年の革命で帝政が倒れたのち社会主義が宣言され,臨時軍事政権のもとにあったが,87年民政移管をはたした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エチオピア
Ethiopia
正式名称 エチオピア連邦民主共和国 Federal Democratic Republic of Ethiopia。
面積 106万3652km2
人口 8210万2000(2011推計)。
首都 アジスアベバ

アフリカ大陸北東部の国。アムハラ語では Ītyop'iya。西はスーダンと南スーダン,南はケニア,東はソマリアとジブチ,北はエリトリアに国境を接する。国土の大半が標高 2000~3500mのエチオピア高原で,そのほぼ中央部をアフリカ大地溝帯(グレートリフトバレー)が北東から南西方向に貫通。気候は一般に高原性で快適。6~8月が雨季。年平均気温はアジスアベバで 16℃,海岸部で 31℃。降水量は高原部に多く年平均 1270mm,草原や耕地が発達。低地は乾燥が激しく,北東部にはダナキル砂漠が広がる。前数世紀以来アクスム王国(→アクスム)をはじめいくつかの王国が栄えたが,16世紀の一時期イスラムが支配,19世紀末ショア王メネリク2世の時代に近代国家の基礎が築かれた。アフリカ大陸にあって最後まで植民地化を免れた独立国であったが,1936年イタリアが占領,第2次世界大戦で 1941年連合国軍が奪還,1952年,旧イタリア植民地エリトリアとともにエチオピア連邦を結成,1962年エリトリアを完全に統合した。1974年エチオピア革命により帝制を廃止し,社会主義国エチオピア人民民主共和国となったが,1991年エチオピア人民革命民主戦線 EPRDFを中心とする反政府勢力が首都を制圧,暫定政府を樹立した。1994年12月に承認された新憲法のもとで,大統領の地位は形式的なものとし,国民議会が選出する首相に行政権を与えている。議会選挙が実施され,1995年8月エチオピア連邦民主共和国が正式に発足した。住民は,アラビア半島から移住してきたハム系(→ハム語系諸族)とセム系(→セム語系諸族)に大別され,セム系のアムハラ族が古くから支配層を形成。住民の大部分は 4世紀からのコプト派キリスト教徒。農業,牧畜を主とし,コーヒー,皮革が主要輸出品。ほかに自給用として穀類,トウモロコシなどを産する。銅,プラチナの鉱床があるが本格的な開発は行なわれておらず,国民総生産 GNPではアフリカ諸国の平均を下回る。言語の種類は 100をこえるがセム語系(→セム語族)が最も広く用いられ,そのなかのアムハラ語が事実上の公用語。エリトリア地方はイスラム教徒が多く,分離・独立運動が続いていたが,1991年の政変に伴い,1993年に独立を問う住民投票の結果,独立した。(→エチオピア史

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

エチオピア
(Ethiopia)
[1] アフリカ東北部、紅海に面する国。アビシニア高原の大部分を占める。紀元前からアクスム王国が成立。一九三六年イタリアに併合されたが、四二年独立を回復。六二年から九三年まで北部のエリトリアを併合。七五年帝政廃止。首都アジスアベバ。アビシニア。
[2] (昭和一〇年(一九三五)エチオピア皇帝の来日の頃東京の魚市場に大量に入荷し始めたところから) 魚「しまがつお(縞鰹)」の異名

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

エチオピア
Ethiopia
アフリカ北東部,ナイル川上流にある国。アビシニアともいう。首都アディスアベバ
古くからセム語族系およびハム語族系の諸侯が住んでいたが,前15世紀ごろエジプトに征服され,前11世紀末に独立した。1世紀末にアクスム王国が統一。4世紀にはキリスト教化し,単性説的なコプト教会が発展。7世紀にはイスラーム勢力に包囲され,孤立した。10世紀初めアクスム王国は滅び,群小の封建国家が割拠した。15世紀末にポルトガル人に「プレスター=ジョンの国」としてヨーロッパに紹介された。19世紀後半,列強のアフリカ分割が開始されると,特にイタリアの侵略目標となり,1895年の第1回エチオピア戦争となったが,アドワの戦いで撃退し,以来,列強の勢力均衡の中で独立を維持した。1930年ハイレ=セラシェ1世が即位し,立憲君主国となったが,35年,イタリアのファシスト政権による第2回エチオピア戦争の結果,占領された。1942年イギリスの支援で独立を回復。1962年エリトリアを統合,しかし74年2月,軍部のクーデタが起こり,9月皇帝が追放され,75年に共和国となり,77年からメンギスツ政権下で社会主義国家の建設が進められた。いっぽう,1962年の併合直後からのティグレ族によるエリトリア独立闘争に加え,77年にはソマリアの支援をうけた解放勢力によるオガデン州解放運動も起こった。こうした政情不安のなかで1987年,メンギスツ大統領のもとでエチオピア人民民主共和国が発足した。しかし,エリトリア解放勢力と反メンギスツ民主勢力の合流による首都攻勢が進むなか,1991年5月メンギスツが国外に逃亡し,人民革命民主戦線による新政権が成立した。なお,エリトリアは住民投票の結果,1993年5月に独立した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エチオピア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エチオピアの関連情報

関連キーワード

ベネズエラの要覧スギ(杉)エネルギー基本計画産業廃棄物人口11億人セントレア中部国際空港景気ウオッチャー調査ロボカップスターン・レビュー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation