@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エチルエーテル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エチルエーテル
ethyl ether
ジエチルエーテルともいう。化学式 C2H5OC2H5エチルアルコールと濃硫酸との反応によって得られる。特有の臭いをもつ無色揮発性の液体で,沸点 34.5℃。引火しやすく,その蒸気は空気より重いので取扱いに注意を要する。水には少し溶け,また少量の水を溶かす。エチルアルコールとは無制限に混合する。過酸化物をつくり,爆発を起すことがあるので,蒸留には注意を要する。工業的にはエチレンからエチルアルコールを製造する際の副産物として得られる。麻酔作用があるので,吸入麻酔薬として用いられる。有機化合物を水溶液から抽出する溶媒,工業用溶剤として重要である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

エチルエーテル(〈ドイツ〉Äthyläther)
エチルアルコール濃硫酸によって脱水して得られる、無色で特異臭のある液体。揮発性と引火性が強い。麻酔剤や溶剤として使用。化学式(C2H52O エーテル

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

エチルエーテル【Äthyläther】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

エチルエーテル
えちるえーてる
ethyl ether
一般にR-O-R'の構造で示される物質をエーテルといい、RとR'の双方がエチル基C2H5-のエーテルは、正式にはジエチルエーテルあるいはエトキシエタンであるが、これをエチルエーテルともよぶ。またエーテルの代表として単にエーテルともよばれる。
 無色の流動しやすい、きわめて揮発性と引火性の高い液体。刺激的でやや甘い感じのにおいがあり、麻酔性がある。空気中における毒性許容濃度は400ppm程度である。蒸気は空気より重い。空気中の酸素と光の作用により爆発性の過酸化物を生成するので、長い間空気下にあったエチルエーテルの取扱いには注意する必要がある。水とは互いにすこしずつ混ざり合い、水で飽和したエチルエーテルは20℃で1.2容量%の水を含み、他方エーテルで飽和した水は25℃で6容量%のエーテルを含む。エタノール(エチルアルコール)、ベンゼン、クロロホルム、石油エーテルなどとは任意の割合で混合する。蒸発熱が大きく、急速に蒸発すると温度が低下する。
 エチルエーテルは、金属塩化物のあるものをその塩酸溶液から抽出分離するのに、用いられる。たとえば、鉄、マンガン、ニッケルおよびコバルトの混合物の塩酸溶液からは鉄のみが塩化鉄()としてエーテルにより抽出分離される。また樹脂、ゴム、油脂、香料などの溶剤として、また有機合成反応の溶剤、天然物の成分の抽出溶媒として利用される。工業的にはエチレンから製造される。取扱いには、蒸気を吸入しないようにし、また火気に注意する。[徳丸克己]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

エチルエーテル
〘名〙 (Äthyläther) 脂肪族エーテルの一つ。化学式 C2H5OC2H5 無色の刺激臭のある揮発性液体。工業的にはエチレンからエチルアルコールを合成するとき副生される。引火性が強く、動物への麻酔作用がある。分析用試薬、溶剤、吸入麻酔薬などとして重要。エーテル。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

エチルエーテル
エチルエーテル
ethyl ether

[同義異語]ジエチルエーテル

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エチルエーテル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エチルエーテルの関連情報

関連キーワード

星間分子単斜晶系シェーンフリースの記号ヘルマン-モーガンの記号

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation