@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エチルセルロース

世界大百科事典 第2版

エチルセルロース【ethyl cellulose】
セルロース誘導体の一種で,プラスチック,ラッカー,ワニス,接着剤,透明シートに使われている。広い温度にわたって強度と可撓性を保持する熱可塑性プラスチックであり,押出成形や射出成形で成形される。コットンリンター木材パルプを水酸化ナトリウムと反応させてアルカリセルロースとし,その水酸基を塩化エチルによってエーテル化して作る。置換度によって諸性質が異なり,高置換度になるにつれて多種類の溶媒に可溶となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

エチルセルロース
えちるせるろーす
ethyl cellulose
エチル繊維素ともいう。セルロースのヒドロキシ基-OHをエチルエーテル化したセルロースエーテルのことをいう。無臭の白色固体。セルロースに水酸化ナトリウム溶液を作用させて得たアルカリセルロースに、不均一のまま硫酸ジエチルクロロエタンなどのエチル化剤を反応させると得られる。
 エチルエーテル化される度合い(置換度)により性質の異なるものができる。置換度が大きくなるほど、有機溶媒に溶けやすくなる。耐水、耐光、耐薬品など安定性に優れているため、ヘルメット、工具の柄(え)、ラッカー、インク、フィルムなどに用いられる。[谷利陸平]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

エチルセルロース
エチルセルロース
ethyl cellulose

セルロースのヒドロキシ基をエチルエーテル化したもの.アルカリセルロースに硫酸ジエチルまたは塩化エチルなどのエチル化剤を一般に不均一系で反応させる.グルコース単位当たり3個あるヒドロキシ基のうち,エーテル化されたものの数で表す置換度により,溶解性,軟化温度などの諸性質が異なる.低置換度(0.8以下)のものはアルカリに可溶,置換度0.8~1.3のものは水溶性で,高置換度になるにつれて,アルコールなどの極性溶媒や無極性溶媒に可溶になり,置換度2.4~2.5において他種類の溶媒に可溶となる.この溶媒可溶性,ほかの樹脂との相溶性,安定性,耐水性,耐薬品性にすぐれることから,塗料,プラスチック,フィルムなどに広く利用されている.[CAS 9004-57-3][別用語参照]セルロース誘導体

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エチルセルロース」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エチルセルロースの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation