@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エチレン【えちれん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

エチレン(植物ホルモン)
えちれん
ethylene
植物ホルモンの一種。常温で気体の単純な炭化水素化合物CH2=CH2であることが、他の植物ホルモンと比べて著しく異なる。エチレンの代表的作用は果実の成熟促進である。アボカド、イチジク、カキ、トマト、ナシ、バナナ、マンゴー、リンゴなどの果実では成熟が始まる前にエチレンが増加する。そして果実の成熟の進行とともに呼吸が著しく増加する。これが引き金となってエチレンが急激に増加して、果肉の軟化など追熟がおこる。このような型の果実はクリマクテリック型果実とよばれる。これに対して、エチレンの生成が低い果実は非クリマクテリック型とよばれ、イチゴ、サクランボ、スイカ、パイナップル、ブドウなどがある。エチレンは果実の組織で細胞壁の分解にかかわるポリガラクチュロナーゼやセルラーゼという酵素の合成を誘導して、果実の軟化を促す。エチレンはほかに、落葉・落果の促進、茎や根や芽の伸長抑制、不定根形成、細胞肥大、ある種の植物の種子発芽、パイナップルやマンゴーの花芽形成などを促進する。また、カーネーションの花の眠り、カトレアの花の傷害などをもたらす。
 エチレンはアミノ酸の一種であるメチオニンがS-アデノシルメチオニン(SAM)に変わり、1-アミノシクロプロパン―1-カルボン酸(ACC)を経て生合成される。エチレン合成はオーキシン(植物ホルモン)によって誘導される。また、病害、傷害、接触などの機械的刺激といったストレスを受けると、多量のエチレンを生成する。これらの場合、いずれもエチレン合成における調節酵素であるACC合成酵素の合成を通してエチレンの生成が調節される。
 エチレンはトマトやバナナの成熟促進、アイリス、スイセン、フリージアなどの球根の休眠打破と花成の促進、パイナップルの開花促進に使われている。また、茎を肥大させる効果を利用してモヤシの栽培にも使われている。野菜や果物は収穫後も自ら出すエチレンのせいで老化が進行する。そこで、エチレンの生成や作用が抑えられるように高二酸化酸素(CO2)、低酸素(O2)の条件下でCA貯蔵(controlled atmosphere storage)が行われている。また、エチレンを吸収する過マンガン酸カリウムのような吸着剤を用いたり、特殊な加工をほどこしたポリエチレンフィルムの袋が使われている。切り花の鮮度を保持するためには、エチレン合成を阻害する化合物が用いられる。[勝見允行]
『増田芳雄著『植物生理学』(1988・培風館) ▽下川敬之著『エチレン』(1988・東京大学出版会) ▽倉石晋著『植物ホルモン』(1988・東京大学出版会) ▽勝見允行著『生命科学シリーズ 植物のホルモン』(1991・裳華房) ▽増田芳雄編著『絵とき 植物ホルモン入門』(1992・オーム社) ▽高橋信孝・増田芳雄編『植物ホルモンハンドブック』下(1994・培風館) ▽漆崎末夫著『農産物の鮮度保持――エチレン制御とその利用』(1997・筑摩書房) ▽今関英雄・柴岡弘郎編『植物ホルモンと細胞の形』(1998・学会出版センター) ▽小柴共一・神谷勇治編『新しい植物ホルモンの科学』(2002・講談社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エチレン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エチレンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation