@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エチレン・プロピレンゴム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エチレン・プロピレンゴム
ethylene-propylene rubber; EPR
チーグラー触媒を用い,配位重合により得られるエチレンプロピレンの共重合体を主成分とする弾性体。両方の単量体がほぼ等量の組成のときゴム弾性を示す。主鎖に不飽和基がないため,耐酸化性,耐薬品性にすぐれているが,加硫の困難な点が問題である。加硫を容易にするため第3の単量体との共重合も行われている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

エチレン・プロピレンゴム
えちれんぷろぴれんごむ
ethylene-propylene rubber

エチレンとプロピレン(6対4~7対3)をツィーグラー(チーグラー)系触媒で共重合した非晶性高分子。ASTM(アメリカ材料試験協会)の規格による略称はEPM。これは分子内に二重結合がないので、架橋は過酸化物によって行われる。通常の硫黄(いおう)による加硫を可能にするため、エチレンとプロピレンのほかに、第三成分として1,4-ヘキサジエン、ジシクロペンタジエン、あるいはエチリデンノルボルネンなどの非共役ジエンを5%以下加えた三成分共重合体が工業化されている。EPDM(ethylene-propylene diene methylene linkage)、あるいはEPT(ethylene-propylene terpolymer)とよばれる。特殊ゴムではもっとも多量につくられている準汎用(はんよう)ゴムである。EPDMは飽和炭化水素に近い構造をもっているので、耐候性、耐オゾン性、耐熱老化性が優れ、150~170℃での常用も可能である。また、耐寒性、低温特性もよく、零下55℃でも可撓(かとう)性があり、耐薬品性や電気特性もよい。欠点は、加硫速度が遅いこと、粘着性や接着性が劣っていることである。用途は、電線の被覆、防水シート、タイヤのサイドウォール、自動車部品(ラジエーターホースなど)、工業用品、建築材料、PP(ポリプロピレン)バンパーの耐衝撃性改質材などである。

[福田和吉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エチレン・プロピレンゴム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エチレン・プロピレンゴムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation