@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エチレン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エチレン
ethylene
(1) エテンともいう。エチレン系炭化水素の最も簡単なもの。化学式 CH2=CH2 。無色でかすかに甘い匂いのある引火性の気体で,沸点-104℃。水に難溶,エチルアルコール,エーテルにはいくぶん溶ける。二重結合特有の付加反応を起す。酸化剤によって容易に酸化され,酸化剤の種類によって種々の生成物を生じる。また接触還元によってエタンを生成する。エタンに比べて不安定だが,植物界には広く存在し,ホルモンとして働いている。工業的には石油留分の高温分解によって製造される。石油化学製品のほとんどがエチレンを出発原料にしている。たとえば,重合によるポリエチレン,酸化によるエチレンオキシドの製造,その他エチルアルコールアセトアルデヒド酢酸酢酸ビニル塩化ビニルスチレンなど多数の製品が誘導される。 (2) -CH2CH2- で表わされる2価の基。遊離の状態では存在しない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

エチレン(ethylene)
二重結合をもつ炭化水素の一。無色の可燃性の気体プロピレンとともに石油化学工業で重要な原料で、ポリエチレン塩化ビニル酢酸などの合成に利用。また、植物ホルモン一種で、果実熟成を促進するが、傷害などによっても産生され、成長抑制作用もある。分子式C2H4 示性式CH2=CH2 エテン。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

エチレン
 C2H4 (mw28.05).CH2=CH2エチレンガスともいう.アルケンの一種で,常温で気体の不飽和炭化水素であるが,食品科学では,果実の追熟ホルモンで,果実は一般的に収穫後エチレンが増加し,逆にエチレン処理をすると呼吸が増加して追熟が促進される.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

エチレン【ethylene】
二重結合をもつ脂肪族不飽和炭化水素(アルケン,オレフィンという)のうちで最も簡単なもの。化学式CH2=CH2。工業的には,ふつう石油の高温熱分解によって製造されるが,ときにコークス炉ガスなどからの分離,エチルアルコールの脱水,アセチレンの部分水素化などの方法で生産される例もある。エチレンはプロピレンと並んで,今日の有機合成化学工業の最も重要な脂肪族系の出発原料である。
[性質]
 常温・常圧下では無色,無臭の可燃性の気体で,沸点-103.7℃。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

エチレン
〘名〙 (ethylene) エチレン系炭化水素の一つ。化学式 CH2=CH2 で二重結合をもっている。無色で甘味臭をもつ引火性の気体。天然ガス、石炭ガス中にも含まれるが、工業的には石油留分の高温分解で得られる。ポリエチレンなど合成化学工業原料に用いられるほか、吸入麻酔剤にも用いる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

エチレン
エチレン
ethylene

[別用語参照]エテン

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エチレン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エチレンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation