@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エッチング

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エッチング
etching
版画の一技法銅板に直接刻みつけるエングレービングドライポイントなどと異なり,腐食液を利用して製版する腐食凹版技法。まず磨いた板の版面に,腐食を防ぐグラウンド (アスファルト,蜜ろう,樹脂など) を薄く均一に塗る。その上からを用いて銅板が露出する程度の強さで線描する。描き終ったのち,銅板の裏面および側面の腐食を防ぐ止めニスを塗り,硝酸 (塩,塩化第二鉄) 液に浸して描線の部分を腐食させる。この腐食によってできた線にインキを詰め,エッチング・プレスを使って刷る。この通常のエッチング技法のほか,次の3つのエッチング技法がある。 (1) ディープ・エッチング これは直接銅板に防食液などで描き,他の部分を腐食し,描いた部分が凸部となるように製版する。そして凸部にインキを載せて刷る。したがってこれは凸版技法であり,リリーフ・エッチング,ティポなどともいわれている。 (2) ソフト・グラウンド・エッチング 獣脂を混ぜてつくったソフト・グラウンドを版面に塗り,その上に薄紙を載せて鉄筆,鉛筆などで描く。紙をはがすと描いた部分のグラウンドも紙についてはがれ,その部分が腐食される。 (3) リフト・グラウンド・エッチング 砂糖溶液,墨汁,アラビアゴムなどの混合液で版面に直接描く。その上からグラウンドを全面に塗る。これをぬるま湯に浸すと描かれた部分のグラウンドが持上げられ,版面からはがされる。これを腐食液に浸せば,グラウンドがリフトされ,はがされた部分が腐食される。この方法は,砂糖を用いるため,シュガー・アクアチントとも呼ばれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

エッチング
LSIの製造工程において、薄膜半導体の一部または全部を必要に応じて除去する方法。マスク上のICのパターンを半導体上に転写するのに重要な工程。溶液中に半導体基板を浸して除去するウエット・エッチングと、反応性イオンガスやプラズマガス中に半導体基板をさらして除去を行うドライ・エッチングとがある。後者のうち、特に反応性イオンエッチングは微細な素子の精密加工ができるため、今日のLSIの製造工程の主流になっている。
(荒川泰彦 東京大学教授 / 桜井貴康 東京大学教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

エッチング(etching)
印刷などで、銅版に蝋(ろう)を主剤とする防食剤を塗り、針などで彫り、露出した銅面を硝酸などで腐食させて凹版を作る技法。腐食銅版の代表。
ガラス工芸の技法。耐酸性の被膜の一部を切り、強酸でガラスを腐食させる装飾加工。
半導体集積回路などの微細回路を作製する際、不必要な部分を腐食・分解して取り去ること。ウエットエッチングドライエッチングに大別される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

エッチング【etching】
美術用語としては,銅板など金属表面を酸で腐食して凹版をつくる技法,および,これを利用して刷った版画をさす(〈銅版画〉の項参照)。広くは,表面を化学的または電気化学的に溶解する加工法をいう。腐食あるいは食刻という訳語があり,またケミカルミーリングchemical milling(化学研削)とも呼ばれる。力を加えない無歪加工法であるので,機械加工によって生じた表面の変質層や内部ひずみの除去に適している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

エッチング【etching】
銅板の表面に一種の蠟ろうで防食層を作り、針などで書画を描いて銅を露出させ、硝酸などで腐食させて印刷用の凹おう版を作る技法。また、その版による印刷物。腐食銅版画。
集積回路の製造で、写真技術により基盤に回路を写し、不要な部分を除去する工程。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

エッチング
〘名〙 (etching) 銅板などに耐酸性の膜を塗り、その表面を鉄筆などでひっかいて模様や絵などを描き、露出した金属面を酸で腐食させて線描画を得る技法。また、それによる印刷物。銅版画、写真製版などに用いる。
※行人(1912‐13)〈夏目漱石〉帰ってから「風雅なエッチングや水彩画」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

エッチング
えっちんぐ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エッチング」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エッチングの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation