@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エテン

大辞林 第三版

エテン【ethene】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

エテン
エテン
ethene

C2H4(28.05).CH2=CH2.脂肪族不飽和炭化水素(アルケン)のもっとも簡単なもの.エチレンとよばれたこともあったが,現在では二価基-CH2-CH2-をエチレンと命名し,エテンと区別することになっている.ガソリン製造のための重質油熱分解における副生ガス,また石炭乾留ガス中にも含まれる.工業的には,エタンより炭素数の多い石油系炭化水素の熱分解で生成する,分解ガスの低温精留により分離製造される.この熱分解の原料としては,原油随伴ガス(エタン),製油所副生ガス,ナフサ軽油,さらに原油を直接使うこともできる.現在では,日本とヨーロッパではナフサが,アメリカと中東ではエタンがおもな原料である.実験室的製法には,エタノールをアルミナ触媒を用いて脱水する方法がある.構造は構成原子はすべて同一平面上にあり,C=C0.134 nm,C-H0.109 nm.∠H-C-H118°,∠H-C-C121°.オレフィン臭をもつ引火性の無色の気体.融点-169.15 ℃,沸点-103.71 ℃.爆発範囲2.75~28.60体積%.水,エタノール,エーテルに微溶.二重結合への各種付加反応,重合反応,酸化反応を受けやすい.石油化学のもっとも重要な基本原料として,大規模に生産されており,しかも生産量はますます増加の傾向にある.エテンを原料とした石油化学製品は数多いが,おもなものとしては,ポリエチレンエチレンプロピレンゴム塩化ビニル酢酸ビニルスチレン,エタノール,アセトアルデヒドエチレンオキシドエチレングリコール1,2-ジクロロエタンなどがある.ほかに果物を熟させる性質をもつために,果物の色づけ,さらに野菜,果樹の促成などにも使われる.[CAS 74-85-1]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

エテン(ethene)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エテン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エテンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation