@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エデンの東【エデンノヒガシ】

デジタル大辞泉

エデンのひがし【エデンの東】
原題East of Edenスタインベックの小説。1952年発表。旧約聖書創世記」のカインアベルの物語をモチーフに、トラスク家・ハミルトン家3代の歴史を描く。1955年、エリア=カザン監督、ジェームズディーン主演で映画化。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

エデンの東
韓国のテレビドラマ。2008年放映開始。同じ時刻に生まれた二人の男の人生と運命を描いたヒューマンドラマ。出演は、ソン・スンホン、ヨン・ジョンフン、イ・ダヘほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エデンの東
宝塚歌劇団による舞台演目のひとつ。1995年、宝塚大劇場にて花組が初演。スタインベックの同名小説を原作としたミュージカル

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エデンの東
1955年製作のアメリカ映画。原題《East of Eden》。ジョン・スタインベックの同名小説の映画化。監督:エリア・カザン、出演:ジェームズ・ディーン、ジュリー・ハリス、レイモンド・マッセイ、ジョー・バン・フリートほか。第28回アカデミー賞助演女優賞受賞(ジョー・バン・フリート)。第13回米国ゴールデングローブ賞作品賞(ドラマ部門)受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

エデンの東
えでんのひがし
East of Eden

アメリカの作家ジョン・スタインベックの長編小説。1952年刊。「創世記」の骨肉の争いを踏まえ、トラスク家3代の歴史をたどり、人間に潜む原罪と救いの可能性を追う。罪を負って神の前を去り、エデンの東に住まなければならなかったカインの末裔(まつえい)には救いが残されているか、それとも自由意志の余地は永遠に閉ざされているのか。この主題と交錯し、作者の一族ハミルトン家の歴史も語られ、「個人のさまよい求め歩く心」に人間の救いと価値をみいだそうとする。

[稲澤秀夫]

映画

アメリカ映画。監督エリア・カザン。1955年作品。ジョン・スタインベックの同名長編小説の映画化作品。カザンは、モスクワ芸術座の演出家コンスタンチン・スタニスラフスキーの演技理論の影響を大きく受け、アクターズ・スタジオを創設してハリウッドに「メソッド」演技法を広めた。これは形式化、様式化されていた従来の演技ではなく、登場人物の精神的内面を感情豊かに表現する演技を求めるメソッド。主演は、そのアクターズ・スタジオで「メソッド」を習得した俳優の一人ジェームス・ディーン。役柄の内面心理を探求し、俳優自身と役とが融合された、表現力豊かでリアリティあふれる文学的な演技をみせている。ディーンを新しい個性的な性格スター俳優へと押し上げた作品の一つ。新しい個性と演技が、当時映画の興行収入を支えていた若者たちに大いに受け入れられた。1955年、アカデミー助演女優賞受賞。1955年(昭和30)日本公開。

[堤龍一郎]

『野崎孝・大橋健三郎訳『エデンの東』(ハヤカワ文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エデンの東」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エデンの東の関連情報

関連キーワード

ギュイヨタエマーソンケニア中東岡本喜八スタインベックディーンカザン(Elia Kazan)東アジア経済会議

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation