@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エトベシュの実験【エトベシュのじっけん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エトベシュの実験
エトベシュのじっけん
Eötvös' experiment
エトベシュ・ローラントが 1896年に自作の精密なねじり秤を用いて行なった実験で,慣性質量重力質量とが相等しいことを証明した。ねじり秤に水平な棒をつけ,両端に質量の異なる物体をつるすと,物体に働く地球の万有引力は物体の重力質量に,地球の自転による遠心力は物体の慣性質量に比例するから,慣性質量と重力質量とが異なるならば棒は水平面内に偶力を受けるはずである。しかし,偶力が検出されなかったことから,2種の質量が等しいことが証明された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エトベシュの実験」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エトベシュの実験の関連情報

関連キーワード

樋口一葉深刻小説トムソン(Sir Joseph John Thomson)内閣総理大臣フォーレシモンズ(Arthur Symons)スペンサー(Herbert Spencer)[各個指定]芸能部門ピエール キヤール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation