@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エナメル質【エナメルしつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エナメル質
エナメルしつ
enamel
歯の表面をおおう,無機成分に富む (97%) 組織歯牙エナメル芽細胞から生成される。人間の組織のなかで最も硬い組織で,内部象牙質歯髄を保護している。無色であるが,人によっての色が異なるのは,エナメル質の厚さに応じて,その下の象牙質の色合いが異なって写るからである。う蝕 (虫歯) は,エナメル質が侵されることから始る。歯の形成期に,この部位外傷感染,全身的な栄養障害,フッ化物過剰摂取などがあると,萌出後の歯にエメナル質欠損がみられる。これをエナメル質形成不全という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

エナメル‐しつ【エナメル質】
歯冠象牙質を覆う乳白色半透明の硬質組織。カルシウムとする無機物を特に多く含み、硬度石英に勝り、身体中で最も硬い。琺瑯質(ほうろうしつ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

エナメル質
 単にエナメルともいう.歯の歯冠表面を覆う組織.リン酸カルシウム糖タンパク質が主な成分

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えなめるしつ【エナメル質】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

エナメル質
えなめるしつ

歯冠(歯ぐきから出ている部分)の表面を覆い、象牙質(ぞうげしつ)を保護している組織で、ほうろう質ともよばれる。生体中でもっとも硬い組織で、鉱物の硬度基準となるモースの硬度では6~7度になる。その組成は、水分2%、無機質96%、有機質2%であり、大部分が無機質、とくにハイドロキシアパタイトからなっている。エナメル質は上皮性の組織であるが、神経組織がないため、ここだけむし歯にかかっても痛みを感じることはない。エナメル質が形成されるのは、口腔(こうこう)内に歯が萌出(ほうしゅつ)する以前である。

[村井正昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

エナメル‐しつ【エナメル質】
〘名〙 歯冠の表面部を構成する乳白色の硬い組織。石灰質で、摩滅すると再生しない。ほうろう質。エナメル。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エナメル質」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エナメル質の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation