@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エフィアルテス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

エフィアルテス
Ephialtēs
[生]?
[没]前462頃
古代ギリシア,アテネの民主派の政治家。アテネの民主政発展の道を最終的に開いた政治家。親スパルタ派で貴族の支持を得たキモンと対立。前 465年以降将軍職 (ストラテゴス ) につき,スパルタにおけるヘロット反乱に対するキモンの支援に反対したが,成功しなかった。しかし前 462~461年政敵キモンのスパルタへの派兵の不在を利用し,アレオパゴス会議の実権を奪い,民会 (エクレシア ) ,評議会 (ブーレ ) の実権を確立する法を通した。そのため反対者により,暗殺された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

エフィアルテス【Ephialtēs】
?‐前461
アテナイの政治家。テミストクレスを継いで民主派の指導者となり,寡頭派の領袖キモンとアテナイ政界を二分した。彼は寡頭派貴族の拠点であるアレオパゴス会議の不正を衝いて,その勢威に動揺を与え,次いで前462年,これより先スパルタの大地震にさいして起こったヘイロータイの反乱を抑えるため,数千の重装歩兵からなる援軍を率いてスパルタに渡っていたキモンの留守を狙い,盟友ペリクレスと謀って,武力を背景にアレオパゴス会議の政治的実権を奪った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

エフィアルテス
えふぃあるてす
Ephialtes
(?―前462/461)
古代ギリシア、アテネの政治家。テミストクレスの失脚後、民衆派を率いた清廉潔白の士として有名。エウリメドンの会戦にも参戦した。ペリクレスの支持を得ながら政治活動をし、貴族派の領袖(りょうしゅう)キモンに対抗、紀元前462年あるいは461年、彼らの牙城(がじょう)であるアレオパゴスの評議会の諸権能の剥奪(はくだつ)を試み(「エフィアルテスの改革」として知られる)、アテネの民主政の発展に貢献した。しかし、改革直後、貴族たちの激しい憎悪を受け、暗殺された。[真下英信]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エフィアルテス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エフィアルテスの関連情報

関連キーワード

違法配当ペリクレス略式命令武寧(ムリョン/ぶねい)王陵軽度認知障害認知症夜明振興協議会京都市バスのバス停認知症認知症の患者数

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation