@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

エプロンシアター【えぷろんしあたー】

図書館情報学用語辞典

エプロンシアター®
舞台に見立てた胸あて式エプロンに物語の背景マジックテープを縫いつけ,演じポケットから人形を取り出してエプロンに貼り付けながら物語を演じる人形劇.中谷真弓が考案し,1979(昭和54)年に保育雑誌に発表して以来,保育現場を中心に小学校や図書館のお話し会などを通じて普及した.舞台や人形はで手作りされる場合が多く,持ち運びに便利である.演者と子どもたちが間近で対面し,互いにやり取りしながら,表情身振りを加えて演ずるので,一体的な語りのできることが特徴である.なおエプロンシアターは登録商標である.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エプロンシアター」の用語解説はコトバンクが提供しています。

エプロンシアターの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation